ここから本文です

「バロテッリをマンCから連れ出すべきではなかった」。代理人、過去の過ちを告白

フットボールチャンネル 9月20日(火)9時7分配信

 ニースに所属するFWマリオ・バロテッリの代理人であるミーノ・ライオラ氏が過去の過ちを告白した。19日付の英紙『デイリー・メール』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 今季にニースへ移籍したバロテッリは、かつて2010年から2年半マンチェスター・シティに在籍していた。同選手はそこで公式戦80試合に出場して30得点7アシストを決めたが、多大な出費にもかかわらず期待外れだった上に様々な問題を起こし、2013年1月にミランへ移籍している。

 しかし代理人のミーノ・ライオラ氏は、「シティから彼を連れ出すべきではなかった。この選択は私が犯した最も重大なミスの1つだ」と当時のこの決断を後悔しているようだ。

 ライオラ氏は、「マリオはあそこで憂き目にあっていたけれど、私は彼に苦しみに耐えて前に進めと言うべきだった」と悔やむと、「自己中心的でなければならなかったのに、マリオの欠点は愛を探求していたことだった。彼のプライオリティは恋人や妻ではなくサッカーであるべきなんだ」と当時のバロテッリの状況について振り返っている。

 さらに、「マリオには例えば(かつて同氏が担当していた現ユベントス副会長のパベル・)ネドベドにあったような集中力がない。もし評判を下げれば、信用性を失って全てがさらに難しくなる」と続けると、「もしニースで実力が証明できれば、絶対にプレミアリーグに戻らなければならない」とバロテッリの将来は再びプレミアリーグだと告げた。

 心機一転を図るためにプレッシャーの少ないフランスのニースを新天地に選んだバロテッリとライオラ氏。果たしてここで再びプレミアリーグから注目を浴びるほどの活躍をすることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9月20日(火)9時37分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)