ここから本文です

英紙が緊急提言! マンU崩壊を食い止めるためにモウリーニョがすべき「5つのこと」

Football ZONE web 9/20(火) 18:17配信

泥沼の公式戦3連敗を喫した“赤い悪魔”

 ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドは、18日の敵地ワトフォード戦に1-3で敗れ、泥沼の公式戦3連敗を喫した。英紙「ガーディアン」では、「ユナイテッドの腐敗を止めるために、ジョゼ・モウリーニョがやらなければいけない5つのこと」と題して特集。不振の“赤い悪魔”が講じるべき打開策を提案している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 1つ目は「彼(モウリーニョ)のチームの決定」というもの。今季初黒星となったマンチェスター・シティとのダービーでは、直前の代表戦で負傷しコンディションに不安があったMFヘンリク・ムヒタリアンと、MFジェシー・リンガードの2人をリーグ戦で初先発させたが、ともに精彩を欠いて前半のみで交代させるという悪手となった。モウリーニョ監督は、いまだベストな11人を見極められていないと指摘されている。

 2つ目は「ポグバ中心のチームを構築」。フットボール史上最高額の8900万ポンド(約120億円)で獲得したフランス代表MFポール・ポグバだが、これまでのパフォーマンスは周囲を納得させるようなものではなく、批判も噴出している。4-2-3-1システムの「2」のポジションでレギュラーに定着しているが、守備のタスクも多く、本領発揮には至っていない。120億円をドブに捨てる結果とならないためにも、同紙はポグバが最も輝けるようなチーム作りを提唱した。

 3つ目は「公の場での選手批判を止める」というもの。モウリーニョ監督はワトフォード戦後に、「2失点目の際、我々の左サイドバックはボールから25メートルも離れていた」と、DFルーク・ショーのパフォーマンスに注文をつけた。シティ戦後にはムヒタリアンとリンガードを指して、「集中力と精神的な能力が、通常のレベル以下の選手が何人か先発していた」と選手への批判を公然と行っているが、チームへの悪影響を考慮して止めるべきとされている。

今季4得点の「イブラ外し」も提案

 4つ目は「ルーニー、イブラヒモビッチ、フェライニを先発から外す」。不調の主将FWウェイン・ルーニーや、クラブOBのポール・スコールズ氏から実力不足を指摘されているMFマルアン・フェライニだけでなく、リーグ5試合で4ゴールのFWズラタン・イブラヒモビッチまでもが先発落ちの候補に挙げられた。「5試合で4得点というイブラヒモビッチの出来は無視できるものではないが、機動力とペースが不足している」と課題が浮かび上がっている。代わりに若くてスピードのある20歳のFWアンソニー・マルシアルや、18歳のFWマーカス・ラッシュフォードの1トップ起用もオプションとして提案された。

 5つ目は「テンポを上げる」というもの。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティと比べて、ユナイテッドの選手は明らかに動きが鈍く、なかなかボールを前に運べていなかった。ポゼッションを重視したルイス・ファン・ハール前体制に似ていると指摘されており、チーム全体のテンポアップが求められている。

 大型補強で話題を集め、開幕ダッシュに成功したユナイテッドだったが、多くの問題点が浮かび上がり、序盤から多くの問題に直面している。昨季は不振のチームを立て直せずにチェルシーで解任の憂き目に遭ったモウリーニョ監督は、この苦境を乗り越えることができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/20(火) 18:17

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。