ここから本文です

本田の開幕5戦連続の先発落ちが決定的に… 試合当日の伊紙スタメン予想から外れる

Football ZONE web 9月20日(火)21時5分配信

先発落ちの可能性も浮上する主将モントリーボはスタメン予想

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、20日の本拠地ラツィオ戦で開幕5試合連続で先発落ちの屈辱を味わうことが決定的になった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、定番の4-3-3システムでこの一戦に臨むと予想されている。GKはドンナルンマ。4バックは右からカラブリア、パレッタ、ロマニョーリ、デシリオが並ぶ。中盤は2試合の出場停止明けとなるクツカ、主将のモントリーボ、ソサが入り、3トップはスソ、バッカ、ニアングとなる。

 前節サンプドリア戦前の練習で指揮官と口論となり、スタメン落ちとなったバッカだが、途中出場で決勝点を決めたことで信頼を取り戻し、先発復帰が見込まれている。

 イタリア代表MFボナベントゥーラが先発落ちとなる一方、不振によりサポーターからバッシングを浴びている主将のモントリーボは、この試合で18歳のMFロカテッリにポジションを奪われると見られていたが、先発と予想された。

 本田はベンチメンバーの12人の中に名を連ねると予想されている。試合前日の記者会見でもモンテッラ監督は本田について言及せず、イタリアメディアの「背番号10」に対する関心もすっかりなくなってしまった様子。開幕4試合で出場時間わずか11分という状況の本田だけに、まずはピッチに立ちたいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月20日(火)21時5分

Football ZONE web

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。