ここから本文です

7!!、全国ワンマンツアー初日に新曲リリース発表 初のドラマテーマ曲に抜擢

リアルサウンド 9/20(火) 16:50配信

 7!!が、9月17日に全国ツアー『7!!のうぷぷなツアー2016~いちゃりばみーんな☆うっぷすふぁみりー!!~』のDUCE SAPPORO公演を行った。

 ツアー初日のこの日、大切な人への想いを丁寧に紡いだ歌詞と切ないながらも広がりのあるメロディーが印象的な新曲「きみがいるなら」を初披露、さらに同曲を収録した13枚目のシングルを11月23日にリリースすることを発表。また、同曲が主演・山田孝之×監督・福田雄一のタッグで話題のドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ第三弾『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京系で10月7日より放送)のエンディングテーマとして起用されることも併せて発表した。
 
 7!!は今回のタイアップについて、「大好きでいつも楽しく観ていた『勇者ヨシヒコ』シリーズのエンディング曲を担当させていただけると聞いて、とても嬉しかったです!「きみがいるなら」は、未来に対する希望とそこへ向かう旅路を支えてくれる人とのキズナをテーマにした曲です。家族、友人、恋人など、私たちはいつもたくさん支えの中で生きている、歩いているということ、その素晴らしさやありがたさをこの曲で伝えられたらいいなと思います。楽曲はバラードですが切なさだけではなく、“1人じゃない、君がいるならきっと乗り越えていける”とみんなの背中を押せるように曲の中に込められている“強さ“も感じてもらえたらという思いで演奏しました。「勇者ヨシヒコ」を観てエンディングを聴いてくれた方の思い出の曲、思い入れのある曲になってくれたら光栄です。このドラマを通してたくさんの皆さんにこの曲が届くことを楽しみにしています!」と想いを語った。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/20(火) 16:50

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。