ここから本文です

清武、絶妙アシストも…アウェイで勝てないセビージャ。“負の連鎖”断ち切れずダービーへ【現地記者の目】

フットボールチャンネル 9/20(火) 10:58配信

リーガエスパニョーラ第4節、敵地でのエイバル戦に臨んだセビージャ。清武弘嗣の絶妙なアシストから先制することに成功したが、退場者を出した相手に同点に追いつかれ、その後は9人となったにもかかわらずに引き分けに終わった。今季のリーグ戦は2勝2分と無敗だが、アウェイ戦11分10敗未勝利という“負の連鎖”をまたも断ち切ることができなかった。次節はベティスとの“エル・グラン・デルビ”である。エイバルとのドローにサポーターも怒りと迷いを募らせているが、この試合だけは言い訳は一切通用しない。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:編集部)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

9人相手もドロー。セビージャ、またもアウェイで勝利逃す

 11人でも、10人でも、9人でも。セビージャはサンチェス・ピスファンから離れると勝つことができない。会場がどこであれ、相手が誰であれ同じことだ。アウェイでの未勝利数が21試合にも及ぶと、サポーターも冗談を言ってはいられなくなってきた。敵地での11分10敗という成績が、チームの前進を阻む重荷となっている。

 上位に留まり続けるためには、ネルビオン(本拠地の位置する地区)の守護を受けなくとも結果を出せなければならない。だがホルヘ・サンパオリ監督率いる現在のセビージャも、ウナイ・エメリ前監督を悩ませ続けていた負の連鎖を断ち切ることができていない。そして、次の遠征地はサン・マメスだ。

 順番に見ていこう。確かに2人のセンターバックは負傷したが、ラミとカリーソが不在になったことも言い訳にはできない。セビージャは後半の最初から1人多い状態で、1点をリードしていたのだ。それでもエイバルは同点に追いつき、9人で戦いながらも、チャンピオンズリーグに出場している相手に恐怖を感じさせることができた。そう、9人である。試合終了前にはダニ・ガルシアもロッカールーム行きを命じられたためだ。

 序盤からアグレッシブな姿勢と前からのプレスを見せたのはエイバルの方だった。ホームチームは順調に試合をスタートさせ、プレーを支配してセビージャのファウルを誘おうとしていた。だがクオリティーの差が違いを生み出し、先手を取ったのはサンパオリのチーム。ビエットの得点に繋がるパスを出したのは、招集メンバーと先発に復帰した清武弘嗣だった。

 クラネビッテルがボールを奪い取り、中盤でボールを受けた清武が前線まで持ち上がると、ビエットに絶妙なパスを通す。アルゼンチン人ストライカーはこの好機を逃さず、今季3点目のゴール。早くもアトレティコ・マドリーでの1年間に記録した得点数に並んだ。

1/2ページ

最終更新:9/20(火) 11:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。