ここから本文です

インテル長友を襲う新たな危機… 指揮官が19歳の長身SBを次節スタメンに抜擢か

Football ZONE web 9月20日(火)23時9分配信

新鋭ミアンギーの先発起用をデブール監督が示唆と、伊紙が報じる

 インテルの日本代表DF長友佑都が、19歳の新鋭にポジションを奪われる危機にあると報じられている。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 イタリアは先週末から今週末にかけ、ミッドウィークを使用して3試合のリーグ戦を消化する過密日程が組まれている。さらにインテルは、先週の木曜日にUEFAヨーロッパリーグ(EL)の初戦を戦い、さらに来週のミッドウィークにも第2節が組まれている。9月15日から10月2日のローマ戦まで、17日間で6試合の過密日程になる。

 そうした状況を受け、フランク・デブール監督は選手をターンオーバーさせながら戦い抜くことを決断しているという。そして、21日に迎えるリーグ次節の敵地エンポリ戦で、左サイドバックに192センチの長身で19歳の新鋭DFミアンギーを起用する可能性を示唆したと報じられている。

 18日のリーグ戦、大一番のユベントス戦の後半、左サイドバックで先発出場していたDFダビデ・サントンが負傷した際に、声がかかったのは長友ではなくミアンギーだった。15日のEL初戦にフル出場して中2日だったとはいえ、残り時間も短いなかで長友の出番も予想されたが、デブール監督の選択は長身の若手DFだった。そして、ターンオーバーを決断しているなかで、長友よりも優先度の高い起用をされようとしている。

 長友よりも20センチ以上の長身というアドバンテージは、オランダ人指揮官のデブール監督にとって大きな要素になっている模様だ。昨季終盤に3年の契約延長を勝ち取った長友だが、飽和状態のサイドバック争いのなかに新鋭も登場し、苦境に立たされている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月20日(火)23時9分

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]