ここから本文です

MIYAVI、手塚プロダクション初のVR作品「Fire Bird」MV公開 全国ツアーもスタート

リアルサウンド 9/20(火) 17:40配信

 MIYAVIが、「Fire Bird」火の鳥バージョンのVR(バーチャルリアリティ)MVを新メディア『Hot Zipang』アプリ上で公開した。

 MIYAVIが8月31日にリリースした『Fire Bird』表題曲の“火の鳥バージョン”MVを制作したことをきっかけに、今回のVR映像作品の制作が実現した。これは、『Hot Zipang』のアプリをダウンロードして、ハコスコを使用してVRが見ることができ、また、スマホでそのまま見ることも可能。手塚プロダクションとしては初のVR作品となっている。

 また、9月19日には全国ツアー『MIYAVI Japan Tour 2016 “NEW BEAT, NEW FUTURE”』が、札幌PENNY LANE24にてスタートした。このツアーは、全国10都市10会場で開催され、最終公演は10月10日に幕張メッセイベントホールにて開催する。全国ツアー初日のライブを終了したMIYAVIは「Fire Bird にのせて、新しい景色を共有できることを嬉しく思います。共に未来へ、飛び立ちましょう。」とコメント。そして、ライブダイジェスト映像がYouTube上で公開されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/20(火) 17:40

リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。