ここから本文です

イカルディ、ナポリとの接触認めるも「インテルを離れたくない」

フットボールチャンネル 9/20(火) 22:17配信

 今夏インテル退団が騒がれたマウロ・イカルディは、伊『メディアセット』が制作する番組『ティキ・タカ』の19日放送分内で改めて移籍を否定した。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 妻であり代理人でもあるワンダ・イカルディ氏が数々の具体的なクラブ名をメディアに語ったことで、インテルに愛想を尽かしたと見られていたマウロだが、実際のところ全くそのような事実はなかったという。

「ナポリ移籍に近づいたかって? そんなことないよ。だけど接触はあった。これはナポリだけじゃないけどね。僕の妻は代理人でもあるから。それでも僕は妻とみんなに対し、ミラノに残りたいと言ったよ」

 ゴンサロ・イグアインをユベントスに引き抜かれ、新たなエースストライカーを探していたナポリから獲得の打診があったことをイカルディは自らの口で認めた。しかし、最後はインテルへの愛が移籍を思いとどまらせたようだ。

「僕はいつもインテルを離れたくないと言ってきた。ミラノで幸せだし、このユニフォームを着て、偉大なチームとともに勝利を掴みたい。今の僕らにはそのチャンスがあるんだ」

 ユベントスとのイタリアダービーでゴールを挙げ、今季は4戦4発と序盤から絶好調のイカルディ。自らの言葉通り、キャプテンとしてインテルをタイトルへ導けるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/20(火) 22:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。