ここから本文です

現役VCに聞く「スタートアップに投資する際のチェックリスト」

Forbes JAPAN 9/20(火) 17:03配信

ベンチャーキャピタリストたちは、果たして何を基準にスタートアップへの投資を決めているのだろうか。ここではFounder-VCのマネージングディレクターで、EchoSignの創業者兼CEOでもあるジェーソン・レムキンに話を聞いてみた。



スタートアップに対する投資基準はベンチャーキャピタル(VC)によって様々だが、一部の小規模なVCを除けば、大半のファンドは将来のユニコーンやデカコーン(100億ドル以上の価値を持つスタートアップ)を探している。スタートアップを精査する上では、CEOの優秀さや市場規模の大きさ、テクノロジーの革新性といった定性的な要素も重要だが、「レイトシード」を専門とするVCである当社は、特に以下の点を重視している。
・次ラウンドでの評価額が5倍になる可能性が33%以上あること

当社が投資を検討するスタートアップの多くは、以下のような特徴を備えている。
・売上は継続的に立っているが、まだ初期のために月商は8,000ドルから100,000ドル程度に止まっている
・CEOは優秀だが、他の経営チームがいない
・少数ながら有望な初期顧客を獲得しているが、まだ製品のロゴはなく、独自の強みや魅力などの訴求力も弱い
・事業分野は一見地味で、世間からあまり注目されていない

こうした特徴に当てはまるスタートアップを発掘したとき、私は次のような取組みが実行可能か考えるようにしている。
・これからの12か月間で売上を3倍に増やす
・経営チームに優秀なメンバーを1~3人加える
・優良顧客の数を10倍に増やし、ロゴを作り、ACV (Annual Contract Value、年間契約価値)を向上する
・会社をもっと魅力的に見せる

そして「これら全てを今後18か月で実現できたとき、会社の価値は5倍に増えるだろうか」と自問自答してみる。多くの場合、答えは「YES」だ。もちろん、これだけで投資判断を下す訳ではないが、こうした思考プロセスを経ることで優秀な会社とそうでない会社を見分けられると同時に、評価額の正当性を精査することができるのだ。

Quora .

最終更新:9/20(火) 17:03

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。