ここから本文です

【FC東京×浦和】「ピッチでは言葉をかわさず」。アテネ五輪世代の“大ベテラン”が演じた静かに熱い“魂のバトル”

SOCCER DIGEST Web 9月20日(火)6時0分配信

Jを静かに熱く牽引してきた那須大亮と前田遼一。ハイテンションなマッチアップで、スタンドにも届きそうなほど眩しい火花を散らし合う。

[J1 2ndステージ・12 節]
FC東京×浦和レッズ
2016年9月17日/味の素スタジアム
 
 「話をしたのは試合前だけ。ピッチに立っている間は、お互い言葉をかわすことは、まったくなかったです」
 
 浦和のリベロに入った那須大亮がFC東京戦の90分間、ほぼマンツーマンでマークについたのがセンターフォワードの前田遼一だった。ともにアテネ五輪世代にあたる1981年生まれ。
 
 しかも前田が10月9日、那須が10月10日生まれというわずか1日違い。年代別の日本代表で常にチームメイトだったほか、2009年から11年までは磐田で一緒にプレーしている。互いの良さも弱点も知り尽くす“戦友”と言える間柄だ。
 
 なにより、ポジションは異なるものの、一つひとつのプレーに魂を込めて闘うスタンスが共通する。その姿勢を貫くことで、Jを静かに熱く牽引してきた。
 
 この日のふたりのバトルもまた、静かに熱く燃え盛り、スタンドにも届きそうなほど眩しい火花を散らし合った。敵視し合う両チームのサポーターも、このふたりのハイテンションなマッチアップのたびに息を呑み、前田と那須の背中を押す声援を送っていた。
 
 森重真人や梶山陽平の精度の高いハイボールが、前田をターゲットに放たれる。そのボールに対し、前田はトラップするか、後方や横にそらすか、一旦下げるか……どんな形であれ先にタッチしようとする。一方の那須は起点を作らせまいと、身体を投げ打ってでも、その先にボールに触れようとする。もちろん、そこからこぼれたセカンドボールもまた、どちらのチームが拾うかどうかで、戦局が大きく変わることは、両者とも重々承知していた。
 
 FC東京の攻撃のキーマンと浦和の最終ラインを司る要による攻防。勝敗を大きく左右する対決は、常に尋常ではない緊張感が漲っていた。
 
 試合後、那須は前田との対決について、「とにかく、きつかったです(笑)」と振り返り、次のように続けた。
 

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)18時17分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]