ここから本文です

“悪童”バートンが3週間の謹慎処分を食らう! 本人は「奇妙」とレンジャーズの判断を疑問符

SOCCER DIGEST Web 9/20(火) 16:53配信

クラブの処分には「奇妙だ」とコメント。

 9月19日(現地時間)、スコットランド・プレミアシップのレンジャーズに所属する元イングランド代表MFのジョーイ・バートンが、チームメイトとの口論が原因でクラブから3週間の謹慎処分を科せられた。
 
 イギリスメディア『BBC』によると、9月10日に行なわれたセルティックとのオールドファーム・ダービーに1-5と大敗した後の9月13日のチームミーティングで、バートンはチームメイトのアンドリュー・ハリデイと激しい口論になったという。
 
 その言動を重くみたマーク・ウォーバートン監督はチームからバートンを外し、9月17日のロス・カウンティ戦は招集外としていた。
 
 そしてバートンには、クラブから3週間、選手、スタッフとの接触、練習場への立ち入り、試合観戦の全てを禁ずるという厳重な処分が下された。
 
 34歳となったバートンはニューカッスルに所属していた2007年に暴行容疑で逮捕されたほか、QPRに所属した2012年にはマンチェスター・シティ戦でセルヒオ・アグエロにひざ蹴り、ヴァンサン・コンパニに頭突きを見舞うなど、ピッチ内外で騒動を起こすなど、サッカー界きっての“悪童”キャラで有名だ。
 
 今回の一件について『Talk SPORT』のラジオ番組内で「奇妙だ。俺は意見を求められ、意見する側だった。チームとしてどう成長していくのか、そして現時点で何がうまくいっていないのかについて、2人の選手が意見を共有しただけだ。それ以上でも、それ以下でもない」とコメントしている。
 

最終更新:9/20(火) 16:53

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。