ここから本文です

マック赤坂の「お笑いリオオリンピック観戦記」

プレジデント 9月20日(火)6時15分配信

 ──2016年8月21日(日本時間22日)、パエス・リオ市長とIOCバッハ会長から、小池百合子東京都知事へのフラッグハンドオーバーセレモニーで終わりを告げたリオ五輪。その小池氏と都知事選を争ったマック赤坂氏もリオに滞在していた。マック赤坂氏のリオ五輪観戦記をお届けする。

 私は天下の伊藤忠商事で25年働き、その後はレアメタルの専門商社マックコーポレーションの経営者(プレジデント)として20年やってきたビジネスマンだ。最盛期の売り上げは50億円、現在でも20億円の売り上げを誇る。いつも仕事で中国やアフリカなど世界中を飛び回っている。

注目選挙の泡沫候補として毎回出馬するマック赤坂氏。

 今回は五輪の開会式を含む1週間をブラジルで過ごした。都知事になっていれば閉会式のセレモニーまで滞在するつもりだったのだが、小池百合子に負けたのだから仕方がない。ホテルは、世界中のセレブが憧れるコパカバーナビーチ近くのプール付き。五つ星評価の中で一番安いところをオンラインサイトで予約したが、ホテル代が高騰していて7泊で50万円もかかった。

 ブラジルでの滞在をとても楽しみにしていたのだが、楽しい気分も飛行機を降りるまで。まず、アメリカのサイトで購入した開会式のチケットが詐欺だった。いろいろと手を尽くしても、結局チケットは手に入らない。仕方なく会場付近でダフ屋から買おうとしたが、チケットがないと地下鉄にも乗れないという。無理にゲートを突破しようとしたら、駅員に羽交い締めにされ、駅を追い出されてしまった。

 テニスの試合はダフ屋から買ったチケットで見に行った。でも、錦織圭が銅メダルを取った試合じゃなく、聞いたことのない選手同士のダブルスの試合だ。私以外の人間にとっても知らない選手だったらしく、席はガラガラだった。それなのに、片方の選手がブラジルの選手だから、応援がうるさくて耳障りで仕方ない。試合のレベルもそんなに高くなかった。

1/2ページ

最終更新:9月20日(火)6時15分

プレジデント

記事提供社からのご案内(外部サイト)

プレジデント

プレジデント社

2016年10.17号
9月26日発売

定価690円(税込み)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]