ここから本文です

「このキャベツは1玉1000円でも安い」と思った瞬間

ダイヤモンド・オンライン 9月20日(火)11時0分配信

 借金、補助金、農薬、肥料、ロス、大農地、高額機械、宣伝費ぜんぶなし! 
しかも、労働力は夫婦2人、初期投資は143万円だけ! 
なのに、年間売上1200万円、所得(利益)600万円も「幸せに稼いでいる」人物が、石川県能美市にいるという。
東京から金沢まで約2時間半、そこから在来線で30分。そこにいたのは……
ビニールハウス4棟、サッカーコートの半分、通常農家の10分の1の耕地面積=たった30アールしかない「日本一小さい専業農家」で、「菜園生活 風来(ふうらい)」代表の西田栄喜氏(48)。
かつてオーストラリア中をオートバイで走っていた西田氏は、元バーテンダー、元ホテル支配人だったという。
いま、風来で「怪現象」が起きている。
それは、2000円の野菜セットに送料2800円(沖縄)出す人もいて、野菜セットは「3週間待ち」というのだ。
日本海を臨む「日本一小さい農家」で、いったい何が起きているのか? 
『農で1200万円! ――「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』が発売されたばかりの著者に、「外部経済・外部不経済」とキャベツのエピソードについて語ってもらおう。

● 日銀支店長の「外部経済」と 「外部不経済」のはなし

 以前、日本銀行金沢支店長の講演に接する機会がありました。
 今の景気動向を含め、とてもわかりやすいお話を聞けました。

 講演後の懇親会で、私は支店長に質問しました。

 「ここに野菜が2つあって、両方とも同じ安全性、味、大きさ、鮮度として、片方は国内産、片方は輸入ものがあるとして、値段が輸入もののほうが安い場合、国内産の価値はどうでしょうか? 」

 すると、支店長はこうおっしゃいました。

 「価値は認識されて初めて価値になります。当事者に直接認識されていない価値は『外部経済』もしくは『外部不経済』と言います。
 外部経済とは『市場の外部で経済的利益を及ぼすこと』、外部不経済とは『市場の外部で経済的不利益を及ぼすこと』。
 どちらも『市場の外部で』ということで取引を通さず、つまり『取引価格に反映しない』という意味です。当事者(買う人)がフードマイレージ(食糧の輸送にともない排出される二酸化炭素が、地球環境に与える負荷に着目したもの)を意識している人にとっては国内産のほうに価値を見出すでしょうが、意識しない人にとっては価格のほうに価値を見出すのではないでしょうか」

 「外部経済」――考えを整理するうえでとてもいい言葉を教えていただきました。
 というのも、農産物は外部経済、外部不経済の部分がとても多いからです。

 農家になって難しいと思ったのは、野菜の値段をつけることでした。
 収量は自然環境に大きく左右され、コスト上、このぐらいで売りたいと思っても、市場価格に大きく影響されます。

 また、グローバル化が進んだうえにたび重なる気候不順により、ある作物が不作で価格高騰しても、すぐに安価な輸入ものが入ってくる時代になったため、生産者サイドとしても、それほど高い値段をつけることができなくなってきました。

1/3ページ

最終更新:9月20日(火)11時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 国税は見ている 税務署は知っている
あなたに迫りくる徴税包囲網の真実
特集2 企業サイトの事業貢献度測定
ウェブサイト価値ランキング2016

ダイヤモンド・オンラインの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]