ここから本文です

暴走続く北朝鮮、最悪と最良のシナリオは

ダイヤモンド・オンライン 9月20日(火)6時0分配信

● 国際世論を無視して 核実験を繰り返す北朝鮮

 9月9日、北朝鮮が5回目の核実験を行った。それに対して、当然のことながら国際社会からの強い非難が出ている。

 北朝鮮が性懲りもなく核開発を進める背景には、金正恩が自身の安全確保を狙っていることに加えて、朝鮮半島の戦略的重要性がある。金正恩にとって、最も恐れていることは、米国が北朝鮮に対して本格的な攻撃を加えることだ。それを阻止するために、自国が核武装することが最も重要と考えているのだろう。

 また、北朝鮮が国際世論を無視して、身勝手なことを続けられる理由は中国の後ろ盾があるからだ。その中国にとって北朝鮮は戦略的にとても重要な国で、勝手なことを続けても最終的に見放すことが難しい。そうした複雑な条件が、北朝鮮の横暴を増幅させている。

 朝鮮戦争の休戦以降、朝鮮半島では38度線を隔てて、北朝鮮と韓国が対峙する状況が続いている。そうした図式を見ると、韓国は米国パワーの最前線であり、北朝鮮は中国そしてロシア勢力の最前線ということになる。

 つまり、北朝鮮が存在しなければ、米国と中国・ロシアの勢力が直接対峙し、常に緊張が走る事態が想定される。それはどの国も避けたいはずだ。北朝鮮の存在は大国の衝突を和らげる、“緩衝地帯”であり、米国も、中国も、ロシアも、その存在を無視できない。

 北朝鮮で独裁政権を敷く金正恩は、自国が大国の戦略上、極めて重要な国であることを十分に理解している。米国も中国もロシアも、北朝鮮に対してうかつには手を出せない。その為、北朝鮮は横暴な行為を繰り返しても、最終的に中国は北朝鮮を見放すことはないと踏んでいる。

● 主要関係国の我慢も限界を超えつつある 北朝鮮の身勝手さ

 問題は、北朝鮮の身勝手さが、主要関係国の我慢の限界を超えつつあることだ。中国は北朝鮮に対する配慮を示し続けてはいるものの、国連安保理の非難声明に賛同するなど国際世論にも理解を示さざるを得なくなっている。

 そして、米国・中国・ロシアのそれぞれは、朝鮮半島情勢よりも重要度の高い問題に直面し、北朝鮮の扱い方に困り始めている。

1/3ページ

最終更新:9月20日(火)6時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]