ここから本文です

親の「残酷な言葉」に悩み続けてはいけない

東洋経済オンライン 9月20日(火)9時0分配信

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール、専用サイトで受け付けていますこの事は初めて人に話すことです。私は周りからのイメージとしては、心温かく優しい印象で、そんな中にも意志の強さを感じるとよく言われます。また、穏やかで悩みもなく見えるそうですが、そんな私にも悩みがあります。
現在29歳ですが、私は幼い頃から母に真に愛されていないと感じながら大人になりました。ただし母は、家族や家庭とはこうあるべきだという明確な理想がある人で、毎日それに向かって本当に家事・育児に一所懸命でした。専業主婦で健康に気遣った食事やお菓子を作ってくれたり、習い事も沢山させてくれました。友人からはいつもうらやましがられたものです。
しかし約2年前、「今だから言える話だけど、あんたが産まれた時、(父方の)おじいちゃんにそっくりで嫌だった~」と、以来ずっと私に愛がなかったという事を、本人の口から伝えられました。今までなんとなく感じていた事は正しかったと分かった時、とても辛かったです。
母は父とはお見合い結婚で、父が嫌いなタイプだったにもかかわらず、絶対的な権威の祖父(母の父)に強引に結婚させられました。そして母はまた父方の祖父母を大変嫌っており、生理的に受け付けないと、よく聞かされました。「あんたは、お父さんとそっくりだもんね~」と言われる度に辛かったです。いつも孤独でした。母方に似た弟がうらやましかったです。
何も気にしてないフリをして強がっていたせいか、他人との付き合いにおいて、心のバリアが今でもとても厚く、心を許せる相手がいません。自分だけは自分を守らないと余計辛くなる……消えたくなるので、強がって来ました。他にもこの事が原因で、こじらせていることが沢山私にはあると思います。
この過去の出来事を浄化して、自分の人生をもっと豊かなものにしたいです。次のステップへ進むには、この出来事を浄化するしかないと年々強く感じています。ミセス・パンプキンならどうやってこの気持ちを浄化されますか? 
藤井ちず子(仮名)

1/3ページ

最終更新:9月20日(火)9時0分

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]