ここから本文です

カープ優勝 当てた評論家と最下位予想だった評論家

デイリー新潮 9月20日(火)14時0分配信

 プロ野球12球団で、リーグ優勝から最も遠ざかっていたのが広島カープだった。それが遂に10日、巨人との直接対決を制して25年ぶり7度目のVを手中に。一体、誰がこの快挙を予想し得たのか。あわせて、最下位と評した専門家の“論拠”も聞いてみたところ……。

 ***

 長い四半世紀だった。途中、98年から15年連続Bクラスも味わった。それでも、開幕時からペナントレースを制するとみていた解説者はいた。まずはOBでもある小早川毅彦氏だ。

「2月の日南キャンプで、若い選手の意気込みを感じました。昨シーズンは最終戦を落としてクライマックスに進めませんでしたが、選手らは悔しさを忘れていなかった。1、2、3番を打つ田中、菊池、丸らが非常によかったので『今年はいけるのでは』と手応えを覚えたのです」

 交流戦の最中にも、ある“直感”があったという。

「6月3~5日のソフトバンク戦は、3連敗でもおかしくない内容でしたが、1勝1敗1分け。特に2試合目は、降雨のため5回終了引き分けで、この時は天が味方していると思いました。そして8月7日の巨人戦。4連敗中で当日も負けていたのですが、9回2死から菊池のソロ本塁打、そして新井のサヨナラツーベース。あれで優勝を確信しました」

 昨季と最も違う点は、

「“2つ先”を目指す走塁です。シングルヒットを打っても1塁で止まらず、隙あらば2塁まで走る意識。1塁ランナーも、次のヒットで3塁を目差しながら2塁へ走る。これがチームとしてできるようになったのが大きいですね」

 同じくOBの安仁屋宗八氏も、3月にVを予想。

「昨年の最終戦で負け投手になり、ベンチで号泣する大瀬良を前田健太が慰めていた。その前田がいなくなった分をカバーしようと、チームは一つになったのです。精神的支柱はやはり黒田と新井の2人ですが、コーチ陣もよかった。打撃担当の石井と東出はとにかくバットを振らせ、ベースコーチの玉木と河田も、よく全員を走らせました」

 お二方とも、身びいきを差し引いてなお十分な“根拠”があったというのだ。

1/2ページ

最終更新:9月20日(火)15時57分

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]