ここから本文です

還暦前の大仁田厚が広げた大風呂敷。旧川崎球場で「最後の」電流大爆破。

Number Web 9月20日(火)18時1分配信

 大仁田厚は来年「還暦」を迎えるが、今、なぜか元気だ。

 「地方創生」をうたい文句に、小さな町にも積極的に出かけて行っては、次々と試合をこなしている。

 大仁田は「これが最後、これが本当に最後」と、何回も引退した。それなのにその数だけ復帰して、もうカウントしたくなくなるほど、数多くの新団体や新プロモーションを立ち上げてきた。

 8月末にディファ有明で旗揚げ戦を行った「ファイヤープロレス」も大仁田の団体だ。昔の名前を思い出したようにメキシコからチャボ・ゲレロまで呼んできてのパフォーマンスだった。

 9月26日には後楽園ホールでの「FMW」の興行にも出る。

「生きるために、デスマッチを戦っているんです」

 「大仁田厚はうそつきだ」と面と向かって言ったことがある。

 そうすると大仁田は「うそつきはないでしょう」と返すが、まんざらでもない表情だ。

 「オレ、毎回、デスマッチやっているけれど、死ぬためにやっているんじゃないですよ。生きるために、こうやって生きている証としてデスマッチを戦っているんですよ。わかりますか」

 大仁田は敗血症で以前、本当に死にかけたことがある。だが、知人にも「オオカミ少年」のパフォーマンスだと受け取られた。

 さすがの大仁田も、あの時は「だれも信用してくれなかった」と嘆いた。

 実家が長崎の風呂敷屋の大仁田は、大風呂敷を広げるのが子供の時から得意だった。

 自転車で日本一周の旅にも出かけたし、中学校の2階から「坊っちゃん」のように飛び降りたこともある。

 そんなパフォーマンスを、広げて、広げて、プロレスラーになって、勢いで国会議員もやった。

 大仁田にしてみれば、「引退」でうそをついたつもりなどない。ただやめた後で、またやりたくなっただけだ。そして、それがたまたま何度も繰り返されたわけだ。

 「うそつきで何が悪い」と開き直ったこともあるが、これが大仁田の言い分ということになる。

2017年春、旧・川崎球場で「最後の大仁田厚」を。

 大仁田のデスマッチの基本は有刺鉄線、ストリート・ファイト。これに電流爆破や地雷やバットやボードが加わる。

 大げさに言えば、イスと机は必要アイテムだが、リングはなくてもいい。

 昔のFMW時代、大会会場にリングが届かなかったときには、体育の授業で使うマットを体育館の床に敷いて急場をしのいだ。

 グレート・ニタという化身も巧みに登場させる。

 もちろん、武藤敬司のグレート・ムタの模倣、悪く言えばパクリだが、そのムタともかつて神宮球場で戦った。

 そうこうしているうちに……大仁田も来年には還暦を迎える。

 還暦を前に広げた大風呂敷が「2017年川崎球場=現・富士通スタジアム川崎での電流大爆破マッチ」だ。

 大仁田は、この川崎までを「余命」だと表現する。ここで「最後の大仁田厚」を見せるのだと言う。

 誰も、最後だと思わないかもしれないが、それは自由だし、かまわない。強く否定もしない。

 でも、本当に最後かもしれないのだ。最後なんて突然やってくるものなのかもしれないし、それはだれにもわからない。

 時が近づいたら「でも、でもな。みんな、オレは川崎で待っているから!」と呼びかけるだろう。

 「何が飛び出すかわからない」というキャッチフレーズには今でもウソはない。

1/2ページ

最終更新:9月20日(火)18時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。