ここから本文です

「注文は最初の1回だけ」の頑固系ホルモン専門店が、優しくなって待望の復活!

東京カレンダー 9/20(火) 5:20配信

注文は最初の1回だけ。しかも、予約時間にひとりでも遅れたらもうそのホルモンは食べられない…!

【この記事の全ての写真】

でも、これが食べるとべらぼうに美味い!そんな言わずと知れたホルモン専門店が『おやじの息子』。 そのイケイケの名店がなんと突然の閉店!焼肉ファンが涙した記憶は新しい。

そんな同店が店名も新たに復活!しかも赤身肉から当時の裏メニューまで食べられるという。これはもう行くしかない!

欲張り歓迎! 赤身の凝縮感も新鮮ホルモンも『猿楽』

代官山

扱う肉の鮮度と味にこだわり、「注文は最初の1回だけ」といった独自ルールで知られる青山のホルモン専門店。その暖簾分けにあたる代官山の支店も長らく同じルールを適用してきたが、移りゆく街に合わせてルールを撤廃。

よりカジュアルに焼肉を楽しんでもらおうと、店名も新たに再スタートを切った。

仕入れルートは以前と変わらないのでフレッシュな脂が口中に迸ほとばしるホルモンはそのままに、ヘルシーかつ旨み濃厚な特選和牛の赤身肉がメニューに加わった。

なかでもイチオシの「特上内もも肉食べ比べ」は、同じももでも場所によって赤身と脂のバランスや繊維の走り方が異なる内ももを3カ所食べ比べることができる一皿。

「本日のホルモン味噌盛り」なら、ハチノスやレバーなど味わいや歯応えが違うホルモンを3種いただける。素人には難しいホルモンの焼き加減だが、以前同様スタッフの丁寧なレクチャーが受けられるのも嬉しい限り。


ワインやフローズンカクテルなど焼肉の旨みを増幅してくれるアルコールの種類も増え、壁面にはアーティストanzyによる代官山の街並みをイメージしたモノトーンのペインティングが加わった。より使い勝手のよくなったこの場所で、肉の世界観を広げよう。

東京カレンダー株式会社

最終更新:9/20(火) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ