ここから本文です

そびえ立つミートタワーには7種の豚 女子好み間違いなしの豚焼肉の新店!

CREA WEB 9/20(火) 12:01配信

新たな豚肉との出合いが待っている

 月曜のステーキに始まり、ハンバーガー、ヒロミヤの3号店……と牛肉三昧だった先週、「8月24日にサムギョップサルの専門店ができましたよ。いかがですか?」のお誘いが。たまには豚肉もいいなぁと向かった池袋西口。

 看板には「BUTAMAJIN」……えっ、豚魔人? 

 到着するやいなや、その店名に少々戸惑う……。エントランスに書かれた「食べて美しくなる……」とかなんとかいうコンセプトに、ますます戸惑う……。

 さらに、追い打ちをかけるかのように、長身のイケメンが登場。「いらっしゃいませ!」と爽やかに微笑むその青年は、こちらの社長だというではありませんか。

 “あー、これはもう絶対うまいもん出てきませんパターンやわ、2軒目考えとかな”

 そう思っていたのも束の間。30分後には、「CREA WEBに紹介させてもらえませんか?」とお願いしていた私がいました。

 各テーブルにセットされているのは、斜めになった鉄板、そしてドレッシング入りのメイソンジャー。

「このあとお出しするメインの肉料理には、ジャーでシャカシャカするサラダが付いています」

 ジャーでシャカシャカって何ですか? 

 木箱に入った野菜が運ばれてきました。サラダ菜、キュウリ、パプリカなどなど。ここから好きな野菜を食べやすい大きさにちぎり、メイソンジャーに投入。シャカシャカふることで、ドレッシングがほどよく野菜にからむというわけ。しかも、野菜はお代り自由(ドレッシングはお代わり100円)! 

 いよいよメインの肉がやってきました。

「こちらからお選びください」

 な、なんですか、これは!? 

ライブ感あふれるプレゼンテーション!

 ライティングとともにお出ましになったのは、通称“ミートタワー”。ここで肉を見ながら選べるんですって。

 7種の豚から、2~3名なら3種、4~5人なら4種が選択可能。料金は2名で3,500円、1名増えるごとに+1,000円というお得さ。

 ネギムンチュ、醤油漬けニンニク、味噌もセット。つけダレには、ゴマ油塩、焼肉のタレ、トリュフ塩、グレープフルーツダレの4種を用意。さあ、どれをいただこうかな。

「サムギョップサルの特徴である豚の脂のうまみを楽しむなら、梅山豚(メイシャントン)がいいですよ」

 では、そこからお願い致します。日本に100頭しか生息しないといわれる梅山豚は、茨城県の塚原牧場でのみ飼育されているブランド豚で、甘みが強く、脂身がしつこくないのが特徴。

 斜めになった鉄板の下流部分には、白菜キムチを投入。上流から流れ落ちてくる梅山豚の脂を受け止め、よりおいしくなっていきます。

「お肉にトリュフ塩をちょっと付けてから、包んでみてください」

 サラダ菜を敷き、香ばしく焼き上がった梅山豚、ネギムンチュ、白菜キムチをオン。くるくるっと包んで、口に運びます。

 ネギのシャキシャキっとした感触、アクセントのキムチ、そのどれもが邪魔することなくひとつにまとまります。

 2つ目は、醤油漬けニンニクもトッピング。これまた合います。いや、合うものしかセットしてないんですね! 

「次は、イタリアのドルチェポルコを焼いてみましょう」

 意味は、“甘い豚”。イタリアの伝統的な生ハムの原料として通常より長く肥育されており、甘さやコクが優れているんですって。

 肩ロースの部分を鉄板へ。しかし、梅山豚とは違うアプローチです。外側にしっかり焼き色をつけたあとは、鉄板から取り出してアルミホイルで包み蒸し焼き。

「これでじっくりと中まで火を通します」

 仕上げは、アルミホイルごと鉄板へ戻し、自家製のジンジャーソースで豪快に。

1/2ページ

最終更新:9/20(火) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。