ここから本文です

『残穢 --住んではいけない部屋--』を観て、"曰く付き物件"の境界線がわからなくなった。

BOOKSTAND 9月20日(火)10時57分配信

 突然ですが、物件探しでアナタは何を優先していますか? 駅や、コンビニが近いという便利性のほか、日当りは良好、2階以上......などなどその人の人柄や仕事柄によって優先順位はさまざまだと思います。ちなみに仕事柄、ホラー映画をいっぱい観る私は、引っ越しの際は必ず「ここ、曰く付き物件じゃないですよね?」と確認します。毎回、不動産屋さんに「大丈夫です」と言われて、安心していましたが、『残穢 --住んではいけない部屋--』を観て、いままで自分が必ずしていた質問がアホらしくなりました。

 主人公はミステリー小説家の"私"(竹内結子)。彼女のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛)から「住んでいる部屋で畳を擦るような音が聞こえる」という手紙が届きます。曰く付き物件ではないはずの久保さんの部屋で、なぜ怪奇現象が起こるのか......早速調査にあたった2人。すると、そのマンションに以前住んでいた人が引っ越した後に自殺したり、心中したり、殺人事件が起こったりとさまざまな怖い事実が判明していきます。そこで、マンションが建つ前にさかのぼり、どんどん過去を探っていく2人。明治、大正あたりまで。

 自分の住んでいる場所で、過去に何があったのか? 知りたいような、知りたくないような、本来ならグレーゾーンとしておきたい事実をとことん突き止めていく本作。諦めずに真実をとことん突き詰めていく様は『ゾディアック』を思い出すし、"穢れ(=死・疫病・月経などによって生じ、共同体に異常をもたらすと信じられ避けられているもの)が連鎖していく様は、『死霊館』の"アナベル"のようでもあります。

 現実には、不動産屋さんで「このマンションが建つ前は? そのもっと前は事件ありましたか?」なんてとてもじゃないけど確認できません。つまり、私たちが住んでる家も「曰く付き物件」である可能性は捨てきれないのです。というわけであんまり怖がりな人は、お祓いでもしてから住むのがいいかもしれません。

(文/トキエス)

最終更新:9月20日(火)10時57分

BOOKSTAND

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BOOKSTAND

ブックスタンド~本から始まるよもやま話~

毎日更新

有料メルマガ各種配信中!
旬の書き手が、ここだけでしか読めない
とっておきのネタをあなたに送信。価値
ある情報をお届けしていきます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]