ここから本文です

北朝鮮、本気の核戦略

nikkei BPnet 9月20日(火)9時43分配信

 2016年9月9日、北朝鮮は5回目の核実験を強行した。同日、安倍総理大臣は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と電話会談を行い、「“今までとは異なる“レベルの脅威であり、新たな段階の脅威に対し、”今までとは異なる“対応をしていかなくてはならないとの認識で一致した」と語った。一体、どのように”今までと異なる“のだろうか。そして、今後、私たちは、いかなる対応をしていかなければならないのか。

 今回の核実験に先立ち、北朝鮮は弾道ミサイルの発射も相次いで強行している。なぜ、彼らはこのような”無謀”とも思える挑発行為に打って出るのか。実は軍事的な観点から考えると、彼らの行為には現実的な意味が見出せる。今回は、そのロジックをひも解き、日本、米国及び韓国が、今後、対北朝鮮戦略で本格的にギア・チェンジをしなければならない時代に入ったことを明らかにしてみたいと思う。

●北朝鮮による核実験の軍事的な真価

 今回の核実験によって、北朝鮮は核の小型化に成功したのではないか、と伝えられている。どの程度まで小型化が前進したかは詳細な分析が待たれるが、将来的に北朝鮮の弾道ミサイルに、小型化された核弾頭が搭載されることが懸念されている。

 まず思い起こされるのは、北米大陸に到達可能な長射程の弾道ミサイルに、核弾頭を搭載することだ。そうなれば、北朝鮮は米国の核に対抗できるようになる。米国と比べれば数的には遥かに劣るものの、相互に抑止が働く関係に入り、北朝鮮は米国の核の脅威から逃れることができる。相次ぐ弾道ミサイルの発射と核実験は、このことをメッセージとして思い起こさせるのが狙いだろう。

 しかし、それだけではない。小型化した核弾頭を、車載型の弾道ミサイルに搭載するほか、潜水艦から発射される弾道ミサイルにも搭載する考えだろう。これにより、北朝鮮は、敵から邪魔されることなく、これまでと比べて飛躍的に高い確率で核ミサイルを発射できるようになる。

 なぜか。もう少し詳しく理由を考えてみる。

1/5ページ

最終更新:9月20日(火)9時43分

nikkei BPnet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

nikkei BPnet

日経BP社

日経BP社が運営するプロフェッショナルのためのビジネスキュレーションサイト。仕事に役立つ先端情報に最速でアクセス。