ここから本文です

SSDとHDDをダブル搭載!8万円台の高性能ノート

日経トレンディネット 9月20日(火)12時10分配信

マウスコンピューターの「LuvBook F」シリーズは、フルHD液晶搭載の15.6型スタンダードノートだ。特徴はコストパフォーマンスの高さ。CPUにCore i3を採用したエントリーモデルなら、フルHD液晶で5万9800円(最低構成価格、税別)という安さが魅力だ。Core i7やSSDを搭載したハイスペックモデルまでチョイスできるなど、バリエーションも幅広い。しかし、価格が魅力となると安いだけでなくちゃんと使えるノートなのか、品質も気になるところ。今回は、CPUがCore i5、メモリーが8GBで、ストレージが256GBのSSDと1TBのHDDの両方を搭載する「LB-F552XN-SH2」を取り上げて使い勝手を検証してみた。

【関連画像】メタリックグレーでシンプルなデザインだ。15.6型液晶ノートとしては薄型軽量で持ち運びやすい

●デザインは地味だが薄型で持ち運びしやすい

 ボディは樹脂製で、色は暗めのメタリックグレーだ。シンプルで地味なデザインだが、作りはしっかりしていて細かい部分も丁寧に作られている。ビジネスで使うパソコンなら、こうした落ち着いたデザインのほうが使いやすいかもしれない。

 手に持ってみると15.6型ノートとしては薄く軽い印象だ。重さは約2.1kgで、自宅や会社内での持ち運びは楽にできるだろう。付属のACアダプターもコンパクトなものだ。バッテリー駆動時間は約4.2時間でバッテリーは取り外しできる。ただし、メモリーやHDDなどにはアクセスできない設計となっているので、後から増設や交換ができない点は注意が必要だ。

関連リンクマウスコンピューター http://www.mouse-jp.co.jp/m-book/luvbookf57/

10万円を切る価格で15.6型フルHD液晶を搭載

 液晶ディスプレイは15.6型で、解像度はフルHD(1920×1080ドット)だ。大手メーカーの10万円を切る15.6型ノートは大半がHD(解像度は1366×768ドット)の液晶を搭載している。フルHD液晶搭載ノートを安く手に入れたいのなら、この製品はお薦めだ。

 画質は、明るさがやや暗めで発色もややくすんだ印象を受ける。気になったのは上下方向の視野角が狭いこと。真正面から少し外れると見づらくなってしまうのが残念だ。液晶ディスプレイの表面は光沢のないノングレア仕上げで、外光の映り込みは気にならない。

関連リンクマウスコンピューター http://www.mouse-jp.co.jp/m-book/luvbookf57/

1/3ページ

最終更新:9月20日(火)12時10分

日経トレンディネット