ここから本文です

白亜のスパホテルで悩みも疲れも消し流す~ホノルル編

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 9月21日(水)5時0分配信

編集Sが探究する、「忙しい働き女子がリフレッシュするためのハワイ」。前の記事でマウイ島やラナイ島でのステイを提案してきましたが、「ハワイはやっぱりワイキキでしょ!」という人には、建物や景観が美しい歴史的なホテルのステイをご提案します。素敵なホテルで英気を養い、帰国後に仕事に精を出せること間違いなしです。

【関連画像】全身の力を解放してリラックスできる無重力チェアが並ぶ待合室。ビーチからの風が心地よく入ります

●誰もが憧れる、ワイキキのファーストレディ

 ハワイ・オアフ島への旅行を決めたら、ホテルはどうする? とりわけ世界屈指のリゾートを誇るワイキキのホテルは、実にたくさんのホテルがひしめきあっているエリアだけあって、非常に迷うもの。ここは一つ、ワイキキ最古のリゾートホテルを選択肢に入れてみませんか?

 「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」は女性の憧れのホテル。何より美しく由緒ある白亜の建物が特徴で、「ウエディングドレス姿でこの建物の前で写真を撮りたい」と考える花嫁さんが多いというのもうなずけます。ワイキキ・ビーチに最も近いホテルで、青い海を眺めながら食事ができるレストランや女子も利用しやすい解放感あふれるバーなどがあり、ハイレベルなスパも完備。女子旅に人気です。

 また、ワイキキ中心部に位置し、何かと便利。向かいには雑貨店の「ABCストア」があります。8月25日にオープンしたてのショッピング・モール「ワイキキインターナショナル・マーケットプレイス」は至近距離です。徒歩圏にショップやレストランが多数あります。

 モアナ サーフライダーの歴史とひも解くと……誕生は実に115年までさかのぼります。「モアナ・ホテル」として、1901年3月に創業しました。ワイキキで最初にオープンしたホテルです。そのころのワイキキは、5キロ圏内の美しいビーチが広がるほかは、湿地帯だったといいます。しかし、ダウンタウンからの路面電車が通る利便性や、ビーチフロントという最高の立地という好条件を受けて、多くの著名人やセレブが魅了したといいます。

 創業者の家を改築して4階建て75室からスタートしたモアナ・ホテル。当初から各部屋にお風呂と電話が備わっていました。海に面したホテルは人気を博し、部屋数が足りなくなり、1952年、当時のオーナーが「サーフライダー・ホテル」を隣にオープンさせました。

 その後、幾度の増築・改装、買収を重ね、少しずつ時代ごとのモダンな姿に変えていきました。1987年に大規模な復旧工事が行われ、現在は当初のクラシカルな姿に戻っています。メインの建物は、アメリカの歴史的建造物「ナショナル・レジスター・オブ・ヒストリック・プレイス(National Register of Historic Places)」に登録されています。

 2007年には、ウェスティンホテルの傘下となり、「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」としてブランド変更されました。

 館内には、モアナ サーフライダーの歴史を振り返ることができる展示があります。無料の館内歴史探訪ツアーもあるので、英語に自信のある人は、参加してみては?

1/4ページ

最終更新:9月21日(水)5時0分

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2016年10月号

価格:590円(税込)

毎朝、服に迷わない! 通勤服&着回し
必ずトクする!「確定拠出年金」始めよう
短時間で成果UP 記憶術&勉強法
今こそSMAPへの愛を語ろう!

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事