ここから本文です

テミン 東方神起の弟分が語る日本活動5年と次の一手

NIKKEI STYLE 9月21日(水)7時0分配信

 天使と悪魔の奇妙な同居――。手垢にまみれた表現だが、彼を説明するにはこれが最も適当だろう。歌い踊る時の圧倒的スキルと、見る者をゾクリとさせるカリスマ性。それとはまるで別人のような、普段のぽやっとした愛くるしさには誰もが目を丸くする。取材日も、ソロデビューにあたり「新人に返った気持ちです」と、ピカピカ笑顔で現場に現れた。
 5人組ボーイズグループ・SHINeeは、ハイレベルな韓国のアイドル界においてもトップクラスの実力派。東方神起の後輩である彼らは、11年の日本デビューから5年、芸術と呼んでいいパフォーマンスと素朴な人柄で、着実に人気を獲得してきた。
 そんなグループの末っ子にしてずば抜けたダンスの名手であるテミンが、7月27日にミニアルバム『さよならひとり』を発売し、日本ソロデビューを果たした。
 タイトルチューンの『さよならひとり』は、世界で活躍する日本人ダンサー・菅原小春が振り付けを担当。また収録曲のひとつ『Press Your Number』は、作家陣にグラミー賞アーティストのブルーノ・マーズが名を連ねてもいる。テミンの力量でなければ表現しえなかったであろう、非常にシックで聴き応えのある1枚に仕上がった。

 収録された5曲にはそれぞれに魅力があって、曲を通して僕の内面を全部見せることができたと思います。…全部は言いすぎかな、まだちょっとは残ってるかもしれないけど(笑)。

 タイトル曲の『さよならひとり』は、新しいスタイルのアジアンテイストで、デモを最初に聴いた時から僕自身、一番気に入ってたんです。プロデューサーの方にぜひ収録したいと相談していたんですけど、タイトル曲にまでなって、とてもうれしかったです。もし自分で選べたとしても、絶対これを選んでました。

■振り覚えにかかった時間

 歌詞もすごく美しいと思います。例えば「咲き誇る花よ」っていうサビのフレーズなどは韓国ではあまり見ない詩的な表現で、なんか日本語独特の“情緒の香り”があるなぁと感じました。
 韓国では、感情をストレートに情熱的に表現する歌が多いんです。でも日本では、「好き」を「好き」と言わずあえて別の言い方で伝えたりしますよね。そういう日本流の感情表現とかコミュニケーションがだんだん理解できるようになってきたし、僕もそれに近付きつつあるような気がします(笑)。

 日本のアニメや、日本語堪能な周囲のスタッフたちの指導により勉強中だという流暢な日本語。それを讃えると、「いえ、(SHINeeメンバーの)キーさんに比べたら本当に全然です。キーさんは英語もよく知ってるんですよ、天才です! 僕はあんまり言葉と仲が良くないです…」などとかわいい言い回しをして、また笑う。
 その『さよならひとり』のミュージックビデオ撮影は、なんと休憩以外は約16時間、ほぼ踊り通しだったのだとか。

 ハハッ、結構やばいですよね! それでも途中、家から持ち込んだミニセグウェイに乗って遊んだりする心の余裕もあったんです(笑)。
 菅原小春さんの振り付けは、今まであまりやったことのない感じのものでした。表情も含め、精神的な部分での集中力が普通よりすごく必要で、僕の集中が途切れるとすぐにお客さんにもバレちゃう曲だと思います。そのうえ結構激しいダンスなので息が足りなくなって、難しかったですね。
 振りを覚えるのに必要な時間は曲によって毎回違いますけど、今回はだいたい6時間ぐらい。ただディテールとか見えない所までちゃんと練習して完成させるまでには、4日ぐらいかかりました。MV撮影で繰り返し踊ることによって、その振りに込められた意味や深さが自分の中でどんどん馴染んでいった、というのもあります。

■MJのアレをまねしたくて
 ダンスを始めたのは8歳の時。韓国のアーティストや、マイケル・ジャクソンの歌い踊る姿を見て、そのまねをするところからあっという間にのめり込んでしまった。独学でポップダンスをものにし、小6にして、現在の所属事務所であるS.M.エンタテインメントのオーディションに合格する。

 知らないうちにどんどんダンスにはまって、音楽が好きになりました。特にマイケルが『スムーズ・クリミナル』(87年)でやっていた、ゼロ・グラビティー(※直立のまま全身を前傾させるイリュージョン的ワザ)を見て、僕はあれがマジで実力だと…仕掛けなしだと思って!「どうやったらできるんだろう」って、公園のブランコに胸だけ乗せて、一生懸命まねしてました(笑)。学校の勉強は…、あまり頑張らなかったです(笑)。
 ダンスに関して尊敬するアーティストは、他にPopin’Peteや、Mr Wiggles。また、僕たちが振り付けでお世話になっているトニー・テスタさん、イアン・イーストウッドさん、(仲宗根)梨乃さんなどなど、いろんな方から影響を受けましたね。

1/3ページ

最終更新:9月21日(水)7時0分

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]