ここから本文です

『家庭画報』の世界が体感できる! 雑誌創刊700号記念イベント

オーヴォ 9/21(水) 10:24配信

 2016年6月号で、創刊700号を迎えた月刊誌『家庭画報』(世界文化社)は、1958年の誕生以来、“夢と美を楽しむ”をテーマに、幅広いライフスタイルを美しいビジュアルとともに紹介し続けている雑誌。愛読している人も多いかもしれない。

 世界文化社(東京)は、同社の創立70周年と『家庭画報』の創刊700号を記念するイベントを、9月21日(水)から27日(火)まで東京・日本橋三越本店で開催する。イベントは、「Wakiya一笑美茶樓」のオーナーシェフ・脇屋友詞さんによるクッキングショーや、プロフィギュアスケーター・鈴木明子さんによるトークショーなど、雑誌の中の世界が体感できる内容になっている。また、9年ぶりに復活した「家庭画報大賞」の受賞作品展示のほか、世界文化社にゆかりのある講師によるワークショップ(事前申し込みが必要)も開催される。詳細はHPで。

最終更新:9/21(水) 10:24

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。