ここから本文です

『家庭画報』の世界が体感できる! 雑誌創刊700号記念イベント

オーヴォ 9月21日(水)10時24分配信

 2016年6月号で、創刊700号を迎えた月刊誌『家庭画報』(世界文化社)は、1958年の誕生以来、“夢と美を楽しむ”をテーマに、幅広いライフスタイルを美しいビジュアルとともに紹介し続けている雑誌。愛読している人も多いかもしれない。

 世界文化社(東京)は、同社の創立70周年と『家庭画報』の創刊700号を記念するイベントを、9月21日(水)から27日(火)まで東京・日本橋三越本店で開催する。イベントは、「Wakiya一笑美茶樓」のオーナーシェフ・脇屋友詞さんによるクッキングショーや、プロフィギュアスケーター・鈴木明子さんによるトークショーなど、雑誌の中の世界が体感できる内容になっている。また、9年ぶりに復活した「家庭画報大賞」の受賞作品展示のほか、世界文化社にゆかりのある講師によるワークショップ(事前申し込みが必要)も開催される。詳細はHPで。

最終更新:9月21日(水)10時24分

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]