ここから本文です

老舗家業の“文化”を変えた元広告マンの取り組みとは?

R25 9月21日(水)7時0分配信

広告代理店の博報堂から、家業のジュエリー製造販売の会社へ。兄がいながらも継ぐ意志がないと聞き、梶田謙吾さんは家業に入ることを決意する(前編)。サラリーマン時代の経験を、家業にどう活かしているのだろうか。

会社の一体感を強めるために“オフサイトミーティング”を導入

国内の卸専門だった「梶田」。梶田さんが入社してからは、海外展開とコンシューマー向け販売を同時にスタートさせた。とはいえ、老舗の会社。社員からの抵抗はなかったのだろうか。

「スタッフからすると思ってもみなかった展開で、ブランディングや海外展開の道筋がなかなかイメージできないようでした。そこで、“オフサイトミーティング”を開催してビジョンを伝え、会社の将来の姿を共有するようにしました」

梶田さんが家業に導入したオフサイトミーティングは、博報堂でクライアントに提案していた施策のひとつ。20人ほどの社員と研修設備がある宿泊施設に泊まり、ワークショップなどを行いながら、会社の展望について梶田さんから発信・共有し、社員とお互いの意見を交換する。おおまかなプログラムは梶田さんが決め、細かなファシリテーションは別の担当者に任せた。今では、毎年開催しているという。

「スタッフも『会社の方向性を知りたい』という欲求が心の内にあったようです。しっかりと伝える機会を設けたことで、会社が進む方向性を理解してくれ、安心してくれたと思っています」

オフサイトミーティングの導入により、社内では「与えられたことをやる」のが当たり前だった感覚から、自分たちで考えたり、改善策を練ったりする習慣も生まれたという。

父親と衝突できるのが、家業を継ぐ醍醐味でもある
家業に入って7年、梶田さんは専務取締役に就任し、社長である父親は徐々に現場を任せてくれるようになった。

「父と衝突はしますが、それこそが家業をする面白さのひとつだと思っています。会社員時代は、30歳も年上の人と議論する機会は、多くはありませんでしたから。自分のアイデアを父に認めてもらうために、いろいろ工夫もします。自分の言葉で伝えると『でも』と言い合いになるので、代わりに父が尊敬する経営者の言葉を見せたりすることも。あの手この手で自分の話に説得力を持たせるのは、博報堂時代に身に付いたスキルだと思います」

一方で、博報堂時代は営業には直接関わっていなかった。そのため、「売る」ためのスキルをあまり意識していなかったという。

「大手クライアントの責任代理店としてマーケティングを担当していたので、ある程度の予算ありきで広告のプランを立てていました。『売る』スキルはその逆で、自社の製品の良さをアピールしてクライアントに『お金を出してもらう』もの。営業の視点を会社員時代に身に付けていれば、家業に入ってからももう少しスムーズだったのではないかと思います」

少し時間はかかったものの、製品のよさに助けられ、「KAJITA」の海外展開は順調に進んでいる。海外では固定客が付き、ポップアップショップを出すたびに来店する人も多いのだとか。インバウンド(訪日外国人)需要の高まりにも応えるように、再来年には本社を台東区から表参道に移転し、顧客向けのサロンをオープンするという。2020年の創業100周年に向けて、国内市場でも「KAJITA」のブランディングを加速させる考えだ。

子どもの頃から、地球がつくり出す「宝石」の神秘を感じていたという梶田さん。会社員時代に学んだ知識や経験を糧に、これからも「KAJITA」ブランドを世界に発展させていくのだろう。

(栃尾江美/アバンギャルド)
梶田謙吾(かじた けんご)
1979年東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、2002年に博報堂へ入社。2007年に家業である株式会社梶田へ入社。同年9月からGIA(Gemological Institute Of America)へ留学し、2007年に卒業。2008年より海外展開をスタートし、2013年にシンガポール伊勢丹でポップアップショップが実現。2014年に同社専務取締役へ就任。2018年に表参道への本社移転を計画している
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月21日(水)7時0分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]