ここから本文です

一緒に飲みたい20代俳優1位は『君の名は。』のあの人

R25 9/21(水) 7:00配信

仕事帰りの居酒屋。サラリーマンが一杯やる相手といえば、同期や先輩・後輩…というのが普通だと思うが、もしその相手が、今を時めく若手俳優だったらどうだろう。どんな俳優とご一緒してみたいと思うのか。あくまで妄想とはわかったうえで、20~29歳の男性会社員200人に「一緒に飲みに行きたい20代の俳優」を聞いた。

■一緒に飲みに行ってみたい人20代俳優TOP10
(1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ、協力/アイリサーチ)

1位 神木隆之介 159pt
2位 菅田将暉 105pt
3位 山崎賢人 103pt
4位 福士蒼汰 86pt
5位 濱田岳 77pt
6位 岡田将生 69pt
7位 佐藤健 67pt
8位 野村周平 59pt
9位 染谷将太 57pt
10位 溝端淳平 53pt

※番外
11位 松坂桃李 46pt
12位 三浦春馬 43pt

1位に輝いたのは、現在大ヒット中の映画『君の名は。』で主人公・立花瀧の声を務める神木隆之介。子役時代から活躍している俳優だが、現在23歳と立派な成人。同世代のビジネスマンとしては、互いにお酒を飲める年になったことで盃を交わしてみたい…なんて思いがあるのだろうか。2位には今年最もブレイクを果たした若手俳優のひとりである菅田将暉がランクイン。それぞれ選んだ人物と酒席でどんなことを話したいのか。コメントを紹介しよう。

【1位 神木隆之介(23歳)】
「同い年なので話が合いそう」(22歳)
「性格が合いそうなので」(26歳)
「話が合いそうで楽しそう」(27歳)
「ざっくばらんな話ができそうだから」(27歳)
「明るく飲めそうだから」(29歳)
「まじめさが伝わってくるので子役からの話など聞きたい」(29歳)

【2位 菅田将暉(23歳)】
「本音トークができそう」(24歳)
「面白い感じがするから 」(26歳)
「どんな会話をするか興味がある」(27歳)
「性格良さそうで面白そう!」(27歳)
「楽しい人かなと思うので」(29歳)

【3位 山崎賢人(22歳)】
「行きたい願望がある」(27歳)
「イケメンが好き」(27歳)
「落ち着いた感じで話せそう」(29歳)
「いろんな方と共演してて尋ねてみたい 」(28歳)

【4位 福士蒼汰(23歳)】
「人生観について飲みながら語り合いたい」(26歳)
「優しそうな感じがするから」(28歳)
「話が盛り上がりそう」(28歳)
「頭がよさそうなので、話が面白そう」(29歳)

【5位 濱田岳(28歳)】
「独特な雰囲気をいつもかもし出しているのでどんな人か知りたい」(25歳)
「気さくに話ができそうだから」(26歳)
「性格的にも盛り上げてくれそうだし、大人数での飲み会なら、いじられてもっと楽しくなりそうだから」(26歳)
「人生経験が濃い感じがするから」(29歳)
「一人でボケと突っ込みをして楽しませようとするイメージ」(29歳)

【6位 岡田将生(27歳)】
「映画の撮影について聞いてみたい」(26歳)
「バラエティ等のイメージでは接しやすそうだから」(29歳)
「飲んだら面白そう」(29歳)

【7位 佐藤健(27歳)】
「自分の愚痴を含め、自分がいいたいことをじっくりと聞いてくれそうだから」(27歳)
「いろんな映画に出演していて、話が面白そうだから」(28歳)
「人当たりがよさそうだし、るろうに剣心の撮影時の話を聞きたいから」(29歳)
「知的。落ち着いた感じがある」(29歳)

【8位 野村周平(22歳)】
「同じ関西人同士ノリが合いそう」(26歳)
「明るい性格でチャラいキャラだから」(29歳)
「明るくてのりがよさそうで」(29歳)

【9位 染谷将太(24歳)】
「楽しそうだから」(28歳)
「お酒が強そうなので」(29歳)

【10位 溝端淳平(27歳)】
「酒を飲んだら会話が弾みそうな感じ」(26歳)
「フレンドリーそう」(29歳)
「トークが面白そう」(29歳)

もちろん映画やドラマ、バラエティー番組での印象から選んでいるのだが、「話が合いそう」「性格が合いそう」と分析しているところが面白い。単なる人気ランキングとは異なり、「親近感」ランキングになった印象だ。同じ20代とはいえ別世界に住む人たちではあるものの、いつか一緒に飲みに行けたら…いいなぁ。

(小笠原敦)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/21(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。