ここから本文です

彼女にうまくダメ出しする“言い換え”テクニック

R25 9月21日(水)7時0分配信

つい何気なく言った一言で彼女を激怒させた――そんな経験がある人も多いのでは? 軽い“ダメ出し”や“つっこみ”で言ったつもりでも、すごくひどいことを言ったかのように受け取られることもある。では、女性に言ってはいけない「地雷フレーズ」とは何なのだろうか? 彼氏がいたことのある20~30代女性223人にアンケートで聞いてみた。(R25調べ/協力:ファストアスク)

■彼氏に言われたら腹が立つセリフ
(全11項目から上位1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

1位 「そんなことも知らないの」 222pt
2位 「最近老けた?」 201pt
3位 「(つくった料理に対して)微妙…」 177pt
4位 「結局どうしたいの?」 141pt
5位 「最近太った?」 123pt
6位 「料理覚えたほうがいいんじゃない」 89pt
7位 「家でも手を抜かずにメイクして」 75pt
8位 「自分の意見持った方がいいんじゃない」 49pt
9位 「食べすぎじゃない?」 42pt
10位 「きちんとした格好して」 40pt

番外編
11位 「最近化粧濃いんじゃない?」 25pt

1位は「そんなことも知らないの」。つい言ってしまいそうなフレーズだが、「バカにされた気がした」(29歳)、「偉そう」(36歳)と怒りの声が寄せられた。同じく、結論が出てこない彼女に言いたくなってしまう「結局どうしたいの?」は4位にランクイン。「面倒くさそうにされたら、もういいってなる」(36歳)、「話をちゃんときいてくれない」(32歳)などのコメントが集まった。さらに、付き合いが長くなると指摘してしまいがちな「最近老けた?」は2位、「最近太った?」は5位に。疑問形にして表現を和らげたつもりでも、あまり意味はないようだ。

これらの地雷フレーズは言わないのが一番いいけど、彼女が目に見えて太ってきた時や、あまりにも物を知らない時は、注意したくもなるもの。どうにか彼女の機嫌を損ねずに、伝える“言い換え”のテクニックはないのだろうか? そこで、『“言い換え”ベストフレーズ集』(宝島社)など、話し方に関する著書が多数ある唐沢 明さんに話を伺った。

「男女間のやりとりにおいて、まず念頭に入れておきたいのが、『男尊女卑』と『上から目線』は、絶対にしてはいけないということ。そのうえで2つのポイントを押さえましょう」

たしかに、1位に対する「偉そう」といったコメントからは、上から目線の物言いに怒っていることがうかがえる。では、見下さないのが最低条件として、どんなことに気をつけたらいいのだろうか。

「ひとつは“思いやりの精神”で、相手の立場になること。もうひとつは“否定から肯定”で、悪い部分を指摘するのではなく、良いところを褒めて一緒に悪いことを克服するということです」

一見簡単なようだが、実際言い換えようと思うとなかなか難しい。そこで、ランキング上位5位までのフレーズを、唐沢さんに言い換えてもらった。

【1位 「そんなことも知らないの」】
→「~は、~という意味みたいだよ」
→「~というものなんだって。僕も知らなかったけどね」
★バカにせずに、丁寧に説明をする

【2位 「最近老けた?」】
→「最近疲れてる? 無理しすぎてない?」
★いたわる言葉を言う

【3位 「(つくった料理に対して)微妙…」】
→「せっかく作ってくれたのに本当にごめんね。僕はもうちょっと濃い味が好きなんだ。でも健康に気遣ってくれたんだよね、ありがとう」
★謝りながら、自分の気持ちはしっかりと伝えるが、相手に作ってくれたことへの感謝の気持ちも伝える

【4位 「結局どうしたいの?」】
→「あ~そうか~、そういうことか。…じゃあどうしたらいいのかな?」
★最初は、相手の話を真剣に聞く。そのあと、結論を一緒に考える

【5位 「最近太った?」】
→「食欲の秋だから、最近よく食べるんだ。でも健康管理には気を付けないとね」
→「最近、(自分が)よく食べるから太ったかな」
★彼女が前に比べて太ったとしても、絶対に言わないことが大切。女性は“太る”“ダイエット”の言葉に敏感で、本人が一番気にしている。もし本人から話をふってきた場合は、一緒に痩せる方法を考えたり、一緒にダイエットをしたりしてみる

これらのフレーズなら角が立たなそう! ただし、褒める言葉を使う時などは、相手の目を見ながらきちんと心を込めて言わないと意味がないのだとか。

なお、今回の言い換え術は、友人関係や仕事でも同じように応用するといいそう。何気ない彼女へのダメ出しも、言い換えのコツさえを押さえておけば仕事のステップアップにつながる可能性がある! 多彩なシーンに応用がきく“言い換えテクニック”をぜひ試してみよう。

(河島マリオ)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月21日(水)7時0分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]