ここから本文です

『HiGH&LOW』雨宮三兄弟が集結! 斎藤工、TAKAHIRO、登坂広臣はLINE仲間

エンタメOVO 9/21(水) 21:53配信

 映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者のTAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工、山口雄大監督、EXILE HIROが出席した。

 この作品はドラマやライブなどメディアミックスプロジェクトで展開している『HiGH&LOW』シリーズの劇場版第2弾。ドラマでも人気の高い雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂)を主人公に、彼らの生い立ちの秘密や長兄(斎藤)が関わる事件を描く。

 今回明らかになる長男・尊龍について、企画プロデュースのHIROが「この2人の長男なので、相当カッコよくて存在感がある方がいんじゃないかと斎藤さんにしました」と語ると、斎藤は照れ隠しで持っていたマイクで目を隠すなどとお茶目な反応を見せつつ、「僕もいち視聴者として長男役は誰だと自分で考えたりしていたので、大丈夫かなとの思いもありました。でも、(自分の)名前を出してくださった方々に恩返しをしたいという思いにすぐ切り替わりました」とコメント。

 雨宮兄弟についてはTAKAHIROが「HIROさんを筆頭に自由にやっていいとおっしゃっていただいたので、日ごろからご飯や飲みに行く仲だった登坂と自然体で演じさせていただいていました」と語り、斎藤についても「最初は『あのテレビで観ている斎藤さんが俺らの長男だ』とミーハー心がくすぐられて、今となっては弟が務まるのかとも思っていました。でも、自然体で三兄弟の雰囲気を醸し出すことができたので良かったと思います」と満足そうに語った。

 また、以前から斎藤と交流があったという登坂も「『作品とかでご一緒できたらいいですね』とメール等でお話ししていたこともあったので、まさかこんな早い形で、しかも兄弟でと驚きもありました。運命的なものも感じまして『よろしくお願いします』とメールを送りました」と心境を振り返った。

 さらに、斎藤のキャスティングが決まった直後に登坂が「雨宮兄弟」というLINEグループを作っていたエピソードをTAKAHIROが明かし、「先に撮影させていただいていたので、工さんが参加してくださるまでに少しでもコミュニケーションを取りたいと思っているところにグループができて」と回顧。海外のロケ先から写真を送ったりほぼ毎日交流していたそうで、「『まだ日本にいますけど、僕は弟たちのことを思いながら頑張っています』と熱い文章をくださいました」と続けると、斎藤は「戦時中の妻みたいな気持ちでした」と弟たちを思いやる心境を独特の表現で話して笑いを誘っていた。

 映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日公開。

最終更新:9/26(月) 18:43

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!