ここから本文です

「昭和」のグルメや展示品が大集結!! 企画したのは「平成」生まれの大学生

オーヴォ 9/21(水) 18:14配信

 「昭和」世代には当たり前でも、「平成」生まれには新鮮!? 近畿地方の大学に通う若者たちが、近鉄百貨店(近鉄あべのハルカス近鉄本店)のインターンシップ企画の一環として、「昭和」を体験する催事を企画した。メーカーやコレクターに自ら交渉を重ね、昭和らしさがあふれたグルメ約30点と展示品約300点が集まった。

 「昭和(生まれ)の方も、私たちのような平成(生まれ)で昭和を知らない方も楽しんでもらえ、外国の方にも日本を知ってもらえる良い機会になる」と関西外国語大学に通う高倉美里さん(4年生、21歳)は企画の立ち上げを振り返る。

 一番苦労した企画は、「レシピが無い食の復刻」だ。「昭和のカレーは黄色い」という指摘から「昭和のカレー」を追求し、「昭和・平成2色カレー」(750円)が完成した。大正時代からカレーを製造しているハウス食品株式会社を訪問し、カレーの歴史を勉強。現代のコクのある「茶色いカレー」と、昭和の素朴な味の「黄色いカレー」を味比べできるようにした。

 「昭和の給食を食べてみたい」という興味から生まれたのが、アルマイトの食器に盛られた「昭和の給食」(700円)。瓶入り牛乳とコッペパン、ハムカツなどの日替わりメニューを味わえるという。

 「今よりモノが少なくて不便だったはず」。昭和の暮らしや文化を中心に、当時の家電やおもちゃを集め、昭和の報道写真とともに並べて立体的な年表に仕上げた。

 今回の企画に協力したコレクターの大和一朗さん(47)は「ここにある昭和のモノは日本が一番元気な時のデザインであったり色感覚が残っている。そういった高度成長期の感覚を彼らが享受してくれたら日本が元気になるかな」と語った。

 昭和を知らないアナタ、昭和を懐かしみたいアナタ。『-平成生まれが集めた-昭和レトロ博』で、平成生まれが表現した「昭和」を満喫してはいかが? 開催場所は近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店 ウィング館9F催会場で入場は無料。期間は9月27日(火)までで、時間は10時~20時だ。

最終更新:9/21(水) 18:16

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ