ここから本文です

北海道発祥・スープカレー 自宅でできる簡単レシピ

NEWS ポストセブン 9月21日(水)16時0分配信

 郷土料理とは違い“地元の人気店が考案したアイディアメニュー”が多いご当地グルメ。今回は、そんなご当地グルメの代表格・スープカレーの自宅レシピをご紹介。スープカレーとは、ご当地グルメの草分け的存在で、薬膳スープや東南アジアのエスニック料理を取り入れていれたカレー。

「札幌市民には必ずひとり1軒お気に入りのスープカレー店があります。地元ではライスをスープにひたしながら食べます」(北海道どさんこプラザ有楽町店・川合洋平さん)。

【材料/2人分】
鶏手羽元肉…4本 れんこん…2cm なす…1本 かぼちゃ…2切れ ピーマン…1/2個 赤ピーマン…1/2個 玉ねぎ…1/2個 サラダ油…適量 カレー粉…大さじ1 小麦粉…大さじ1/2 塩…小さじ1/3 にんにく・しょうが…各1片 ご飯…2皿分

A  トマト水煮缶(カット タイプ)…200g 水…400ml 砂糖…小 さじ2 ケチャップ… 大さじ1

【作り方】
1:なすはへたを落として縦半分にし、網目状に切り目を入れる。ピーマンと赤ピーマンは縦半分に切り、へたと種を除く。れんこんは1cm幅の輪切りにする。

2:鍋にサラダ油とみじん切りにしたにんにく、しょうが、玉ねぎを入れて火にかけ、中弱火で5分炒める。

3:2にカレー粉と小麦粉、塩を加えて全体になじませ、Aと骨に沿って縦に切り込みを入れた鶏肉を加える。ふたをして、時々混ぜながら弱火で30分煮る。

4:別の鍋に多めの油を入れ160℃に熱し、1の野菜とかぼちゃを揚げる。

5:器に3と4を盛り、別皿にご飯を盛る。

※女性セブン2016年10月6日号

最終更新:9月21日(水)16時0分

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]