ここから本文です

今のフジを象徴? カトリーヌあやこが松嶋菜々子主演ドラマを斬る!〈週刊朝日〉

dot. 9月22日(木)11時30分配信

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、松嶋菜々子を主演に広告業界を描いたドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系 木曜22:00~)について批評する。

*  *  *
「半沢直樹」「ドクターX~外科医・大門未知子~」など、主人公の名前付きタイトルは、その職業にフォーカスしたドラマが多い。

 吉良奈津子(松嶋菜々子)の勤務先は広告代理店だ。

 40歳手前で結婚し、出産。3年ぶりに職場復帰したら、バリバリのクリエイティブディレクターから、頭下げまくりの営業職へ異動することに。ここで営業の苦労が描かれるかと思いきや、ベビーシッター(伊藤歩)が、「私、ご主人(原田泰造)を愛してます」って不倫話ですよ。

 これって「半沢」で、銀行組織のバトルを見てたら、急に嫁(上戸彩)が「斎藤工と浮気してたの」と、「昼顔」展開に持ち込まれたような「それじゃない」感。

 しかも、夫が泰造よ。ベビーシッターとホテルで危険なムードになっても、こっちの耳にこだまするのは「曲がったことが大嫌い~、はーらーだたいぞうです!」。ほぼほぼコントだから。せめてディレクター役の松田龍平が夫だったら、見てる方のテンションも上がるけど、泰造の不倫話が出てくるたびに、お茶の間の温度は冷えこむばかり。

 肝心の営業仕事も、クライアントのお偉いさんが枕営業要求したり、上司が土下座を強要したり。なんだこれ、江戸時代かってな古臭いエピソードを重ねたあげく、営業開発部は廃部の危機に。リストラ話に、「私がそんなことはさせないわ!」と宣言する奈津子。と、部下・DAIGOが「あんたに何ができんの?」と絶叫。もうね、気がふれたかと思いました。部のメンバー一人一人の欠点を指摘していくんだけど、DAI語で言えば「MBY」。まじ棒読み。誰だ、DAIGOにこの役やらせたの。

 奈津子に対しては、「単なる40過ぎの子持ち。枯れたお飾り」と、松嶋菜々子にそんなこと言っちゃっていいのかスタッフー! と、無駄にドキドキする場面なのに、「MBY」が気になって、それどこじゃない。「ここにいるのは会社にいらない人間ばかり。営業開発部はゴミ箱なんだぁーッ! ハハハハハッ」と、高笑いするDAIGOを、今すぐゴミ箱にゴーしたくなるいたたまれなさよ。

 松嶋菜々子、広告業界、旬の俳優・松田龍平。いかにもかつてのフジテレビ的布陣だったのに、何かが違うこのドラマ。まさに今のフジ的な「かゆい所に手が届かない」感満点なのだ。

※週刊朝日 2016年9月30日号

最終更新:9月22日(木)13時25分

dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

dot.(ドット)

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「dot.(ドット)」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、dot.独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]