ここから本文です

“街歩きの達人”三浦展と語る、京都という街の「読み方」

cakes 9月21日(水)18時0分配信

ブログが20万ページビューを記録、Yahoo!ニュースや、日本テレビ系「NEWS ZERO」で紹介、9月10日にイースト・プレスより書籍化された『もし京都が東京だったらマップ』。その作成のきっかけのひとつには、あのベストセラー作家との出会いがあった。今回は、同書に掲載されている、『下流社会』等のベストセラーで知られる“街歩きの達人”三浦展さんと、著者・岸本千佳さんの対談の一部をご紹介する。今回はその前編である。


●「街歩きの達人」三浦展さんとの出会い

私のマップ制作を語るうえで外せないのが、社会デザイン研究家の三浦展さんとの出会いです。

三浦さんはベストセラー『下流社会』(光文社新書)をはじめ、『ファスト風土化する日本』(洋泉社新書y)などで都市、消費、文化の観点から現代人の価値観や消費動向について研究されているマーケティングアナリストです。

私は三浦さんから散歩の作法を教えていただいたといっても過言ではありません。というのも、三浦さんはご自身の研究と趣味も兼ねて東京の下町や住宅地を中心に散歩されていて、私はその散歩によく同行させていただいたからです。

三浦さんの知人の出版関係者や建築関係者複数名と一緒に街を散歩し、その後は三浦さんの事務所でお手製のご飯をいただきながら散歩を振り返るのがお決まりの流れでした。散歩というにはおそれ多いそれは、贅沢な解説つきの住宅街の街歩きでした。地主は街の坂のいちばん高いところに住んでいるなど、私がいままで知らなかった世界の扉が一気に開いたような日々でした。

三浦さんの解説をおさらいしながらあらためてひとりで散歩し直すと、いままで見えてこなかったさまざまな要素をひもとくことができるのです。

今回、本書の執筆のため、三浦展さんを京都にお招きして、一緒に京都の街を散歩し、その後、私の事務所で京都という都市の魅力について対談させていただきました。

●観光は東側、住むのは西側

岸本 三浦さんは京都にはよく来られるのですか?

三浦 中学2年生のときの修学旅行で来たのが最初で、その次は結婚したころ。もう30年も前の話だね。サラリーマン時代に仕事で来たことはなかった。一度、大阪での仕事帰りに上司に連れられて先斗町に来ただけ。独立してからは、講演に来たときに1泊して、街をブラブラするようになった。あと、京都造形大学の講師として来たこともあったしね。京都の土地勘が少しできるようになったのは、10年くらい前かな。

岸本 娘さんが京都の大学に通われていたんですよね?

三浦 娘が京都に来たのは5年前。それからは京都に来る機会が増えたけれども、いずれにしろ娘が住んでいる左京区や美術館が集まっている東山区に行くことが多いね。

岸本 結構、エリアが偏っていますね。

三浦 そうだね。西側はあまり行かない。金閣寺や二条城以外で街を歩いたのは5回くらいかな。西陣、堀川、船岡温泉、角屋とか。観光で来ると、どうしても鴨川より東側になってしまうよね。美術館も哲学の道も東側にあるから。

岸本 住んでいる人でいえば、鴨川より西が圧倒的に多いです。鴨川より東のエリアは、京都の人はわざわざ行く感じがします。セカンドハウスとしては人気ですが。

三浦 東京の人も浅草や向島に行くことは少ないからね。観光客ほど有名なところに行く。最初にパリに行くと、まずシャンゼリゼに行って、エッフェル塔を見て、オペラ座を見るという定番コースになるのと同じだね。

岸本 たしかに、東側のほうが交通の便もいいですからね。京阪電車や叡山電鉄が走っているし、バスも充実しています。

三浦 パリでも慣れてくると、ピカソ美術館のあるマレ地区に行ったりするでしょ。僕はどんな都市に行っても本屋さんめぐりと美術館に行くので、京都ではどうしても東側中心になってしまう。東京でいえば上野と神保町にしか行っていないような感じじゃないかな。

●京都は「住む場所」として考えるとわかりやすい

岸本 今回、このマップをつくったきっかけは、京都全体を神楽坂みたいに思っている東京の人が多いのではないかと思ったことなんです。

三浦 僕も30年前に京都に来たときの印象は、「なんだ、新しいビルもいっぱいあるな」だった。マンションが建っていることが不思議な感じだったね。もっと木造の町家がずらーっと立ち並んでいるイメージがあったから。

岸本 京都も普通の街なんですよ。街中にはラウンドワンもあれば、カラオケもある。東京にあるようなチェーン店もいっぱいあります。

三浦 京都って、世界3大がっかり観光地ともいわれているじゃないですか?

岸本 そうなんですか? 知らなかったです(笑)。きっと期待値が高すぎると思うんですよ。おそらくメディアが京都のイメージをつくっているんだと思いますが。

三浦 観光で行くだけならそれでいいと思うんだけれども、住む場所として捉えると、また見方が変わってくるよね。祇園になんて住めないし。でも、せっかく京都に住むなら、マンションに住むのも変だし、町家に住みたい。そう考えたとき、観光だけではない新しい情報が必要になってくる。

岸本 まさにそういう情報として、このマップを利用していただきたいです。

三浦 もう亡くなられたんだけれども、京都大学の先生の家に行ったことがあるんだよね。西陣の町家を書斎に改装した家だった。そのとき、「あぁ、これこれ。こういうのが好き」って思った。やっぱり町家のリノベーションでないと、京都に住むというリアリティーは湧かない。

岸本 たしかに、「あるものを生かして暮らす」っていうリノベーション的な思考がない人には、なかなか京都に住むリアリティーは持てないかもしれませんね。

三浦 町家って、表は見えるけれども、なかなか奥まで入らないし、2階に上がることもないから、中がどんな具合になっているのかわからない。僕の場合、いろんな人とのつながりで町家の中を見せてもらったり、リノベーションした町家を見たから、だんだんわかるようにはなったけれども。

岸本千佳

最終更新:9月21日(水)18時0分

cakes

記事提供社からのご案内(外部サイト)

cakes(ケイクス)

ピースオブケイク

多彩なクリエイターによるビジネス、小説、マンガ、エッセイ、写真、食など、ここでしか読めない記事が読み放題!(有料会員になると、すべての記事をお読みいただけます)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]