ここから本文です

“なりすまし”の「結婚報告」に見る深田恭子の人気ぶり

週刊文春 9/21(水) 12:01配信

 最近はグラビアでも活躍する女優・深田恭子(33)の身辺が騒がしい。「深田恭子(@fukada_officiaI)」というツイッターアカウントから〈兼ねてより交際しておりました方とこの度入籍させて頂く事になり、幸せな家庭を築き上げて行きたいといったツイートをする予定はまだございません〉という投稿があったのは9月12日の深夜のこと。

「交際相手との入籍と見せかけて、最後は否定している。なんともふざけた内容ですが、早とちりしたファンの間で、『ウソ』『ショック』と大騒ぎになった。アカウントの最後の文字は本来『L』の小文字のはずが『I』になっているように、すぐに“なりすまし”とわかりましたが、深キョン人気を証明するように、偽物でもフォロワーは7万人に上った」(スポーツ紙記者)

 深田はすでにデビューして19年が経つ。

「14歳でドラマデビューし、不思議な雰囲気もあって大ブレイクしました。ただ、その後は“恋多き女優”として、東山紀之(49)や『くりぃむしちゅー』の有田哲平(45)などとの熱愛や、暴飲暴食から“激太り”を報じられたこともあった。肝心な仕事では演技はさほど評価されず、“コスプレ女優”と揶揄されたことも」(芸能デスク)

 そんな深キョンに転機が訪れたのは3年前だった。

「30歳を契機に深キョンはサーフィンを始め、小麦色に焼けた肌と引き締まったボディに変身。2年前にビキニの水着写真集を出すと、“綺麗”“セクシー”と大きな話題を呼んだ。今年の7月、第2弾として異例の2冊同時に写真集を発売。それぞれ男性向けと“美肌・美ボディ”をテーマにした女性向けですが、共に1万部を突破して、写真集としては大成功を収めた。深キョンも手応えを感じたのか、7月からインスタグラムでオフショットの水着姿を公開。男女問わず人気はうなぎ上りです」(テレビ関係者)

 水着効果か女優業も好転している。映画記者が話す。

「一昨年公開の映画『超高速! 参勤交代』で深田は女郎役を演じ、可愛いだけの女優から脱皮した感があった。公開中の続編では主演の佐々木蔵之介(48)演じる殿の側室役で登場。水着から着物姿になって好演しています。女優業にも本腰が入ってきた」

 実際の結婚はまだまだ先か。


<週刊文春2016年9月29日号『THIS WEEK 芸能』より>

「週刊文春」編集部

最終更新:9/21(水) 12:06

週刊文春

記事提供社からのご案内(外部サイト)