ここから本文です

企業にとって最も大切なものは理念とビジョン経営者として「キャリア開発があたりまえの世の中」を実現する(アデコ株式会社 代表取締役社長 川崎 健一郎さん)【後編】<HR業界TOPインタビュー>

日本の人事部 9月21日(水)7時30分配信

アデコはスイスに本社を置き、60の国と地域で人材派遣、人材紹介、アウトソーシングなどの事業を幅広く展開する人材サービスの世界トップ企業(売上高第一位)です。アデコグループはすべての働く人々の“better work, better life”の実現を目指しています。日本法人では2020年に向け、「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる。」というビジョンを掲げていますが、このビジョンを策定したのが、2014年に日本法人の代表取締役社長に就任した川崎健一郎さん。川崎さんは新卒で、技術系人材サービス会社の株式会社VSN(当時の株式会社ベンチャーセーフネット)に入社。営業手腕を認められ、入社からわずか11年後、33歳の若さで当時上場企業だったVSNの社長を任されます。そして、リーマンショックの影響から会社を立て直す過程でアデコグループへの参加を決断。その2年後に、日本におけるアデコグループのトップに抜擢されました。川崎さんがちょうど40歳の誕生日を迎えた2016年7月15日、これまでの経験と転機、経営者としての人材サービスへの思いと展望などについて詳しく伺いました。

(前編より続く)

ビジョンは「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる」

―― アデコ日本法人のトップに就任されて、最も力を入れていることは何ですか。

2015年に一年かけて、中期事業計画を策定しました。その中で、2020年に向けて掲げたのが「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる。」というビジョンです。アデコグループは、世界共通の目標として“better work, better life”を掲げているのですが、日本において私たちが何をなしとげていくべきかを具体化した言葉にしたものです。アデコのリーダーたちとも何度も話し合いを重ねて決めたビジョンであり、これを本当に実現することが今の私の最大の使命と考えています。

「キャリア開発」という言葉は、日本では「キャリアアップ」と同一視されるケースが多いように思います。昇進する、給与が上がる、新たなスキルが身につく、といったイメージですね。しかし、私たちはもっと広い概念でキャリア開発を捉えています。前述の意味のキャリアアップももちろん含まれますが、一方でずっと同じ仕事を続けたい、給与は同じであっても60歳まで、あるいは65歳まで元気に働きたい、そう考える人のためにしっかり支援を行っていく。これもキャリア開発の重要な側面だと思うのです。もちろん正社員・非正社員などの雇用形態は関係ありません。誰もが自分の希望する仕事に就け、自分が希望する働き方を実現できる。それがあたりまえにできる世の中をつくりたいのです。

日本には豊富な天然資源はありません。あるのは人的資源だけでしょう。生産性を高め、世界での競争力を高めていくことはとても重要です。そのためにも、キャリア開発は不可欠です。そこで、まずは私たちがその中核となって世の中を支えていきたい。そんな思いで掲げているビジョンです。

―― 具体的にはどのような取り組みをされているのでしょうか。

やはりトレーニングですね。いわゆるクラスルームのトレーニングではなく、注力しているのは、人材のキャリア開発を「1対1」の関係で考えることです。従来は少数のマネジャーや研修担当者が大勢を相手にするのが一般的でした。その場合、「1対n」の関係で、何人かをひとくくりにしたメッセージを発していくことになります。しかし、一人ひとりの事情も希望も性格も違うのに、画一的な対応をしていては、モチベーションも上がらず、成長もないでしょう。重要なのは一人ひとりにきちんと向き合って、最適なキャリアプランとトレーニングを提案できるかどうか。アデコでは今年から「キャリアコーチ」という、専任担当者を置き、マンツーマンのきめ細かい対応を徹底するようにしています。

2015年9月に施行された改正派遣法にも「キャリア形成支援制度を有すること」という責務が派遣事業主に追加されたので、希望者に対してキャリアカウンセリングを行っている人材サービス会社は多いと思います。しかし、アデコではそこからもう一歩踏み込み、一人ひとりに向き合うことを重視しています。キャリアコーチが中心になって、アデコにかかわる全ての方にカウンセリングを行い、将来の希望やライフスタイル、希望する仕事にスキルが足りないならどうやって補えばいいのかについて話をして、具体的なキャリアプランの提示などきめ細かくサポートしていきます。

カウンセリングについても、従来は「何がやりたいのか」「どんな形態で働きたいのか」など、ニーズを確認してできるだけそれに応えるやり方が中心でした。でも、考えてみると自分のことを正確に把握して、やりたいことが明確に描けている人はむしろ少数派ではないでしょうか。私自身、誰かに背中を押してもらってはじめてその気になった経験は何度もあります。そこでアデコのキャリアコーチは、ニーズを聞いてその通りの選択肢を用意するだけでなく、「的確な道だが、そこに一歩踏み出す勇気がない」場合には背中を押してあげる、逆に「客観的に見たらこちらの道のほうがいいかもしれないですよ」と違う選択肢を提案することもあります。それは、コンサルティングに近い形だといえます。

そうした選択肢の一つとして今年から、無期雇用型で事務職を中心とした人材派遣を行う「キャリアシード」というサービスもスタートさせました。企業だけでなくアデコにかかわる人材の方々にとっても、新たな選択肢になると思っています。

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)7時30分

日本の人事部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日本の人事部

株式会社アイ・キュー

毎週更新

無料

日本最大のHRネットワーク。企業研修、採用
、評価、労務などのナレッジコミュニティと
して、イベントや雑誌などと連動しながら
「人・組織」に関する課題解決をサポート。