ここから本文です

ドルトムント攻撃陣がまたも爆発! 5発大勝で公式戦3連勝、香川は出番訪れず

Football ZONE web 9/21(水) 6:24配信

ヴォルフスブルクを5-1と粉砕 香川は9月4試合連続の先発落ち

 日本代表MF香川真司所属のドルトムントは20日、ブンデスリーガ第4節の敵地ヴォルフスブルク戦に臨んだ。MFゲレイロやFWオーバメヤンの2得点などで5-1と大勝し、公式戦3連勝となった。香川は9月に入ってから4試合連続のベンチスタートで、出番は訪れなかった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 前半4分、ドルトムントはDFバルトラのスルーパスを受けたMFゲレイロが左足で決めて先制。開幕から3試合連続無失点という強固な守備を築くヴォルフスブルクの守備陣をあっさりと攻略した。さらに同16分には左サイドのスローインからゲレイロがつなぎ、パスを受けたFWオーバメヤンがドリブルでエリア内に持ち込んで右足でネットを揺らした。

 2点のビハインドとなったヴォルフスブルクは、同25分に元ドルトムントのMFクバことブワシュチコフスキが右サイドからエリア内に侵入し、カバーに入ったDFバルトラと交錯。しかし、ここは遅れて足を出したクバがファウルを取られ、イエローカードを提示された。30分を過ぎたあたりからヴォルフスブルクが攻め込む時間帯が続いたが、2-0のまま前半を折り返した。

 後半5分、ヴォルフスブルクは右からの折り返しをMFドラクスラーがフリーで合わせたがビュルキがファインセーブ。FWゴメスもこぼれ球に詰めたが、これもビュルキがゴールライン上で弾き出して窮地を脱した。決定機を逃したヴォルフスブルクだが、同8分に途中出場のMFディダビが右クロスに合わせて1点差に詰め寄った。

絶好調のゲレイロが4得点に絡む

 押されていたドルトムントだったが同13分、ゲレイロのパスに抜け出した途中出場のMFカストロのアシストからMFデンベレが無人のゴールに流し込んで、点差が再び2点に広がった。さらに同17分にはカストロの折り返しをオーバメヤンが決めてダメ押し。ガボン代表のエースは開幕戦に続くドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 同28分にはゲレイロの左CKからDFピスチェクが頭で決めて5点目。ドルトムントはUEFAチャンピオンズリーグのレギア・ワルシャワ戦(6-0)、前節ダルムシュタット戦(6-0)に続く大勝で公式戦3連勝となった。

 香川はワルシャワ戦以来、2試合ぶりの出番なしとなった。この試合でもポジションを争うゲレイロが4得点に絡む大活躍。カストロも45分間の出場で2アシストを記録。チームが圧倒的な破壊力を見せるなかでアピールのチャンスが訪れず、香川にとっては苦しいシーズン序盤戦となっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/21(水) 6:24

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。