ここから本文です

気分転換に。いつもと違う環境を走ってみよう!

webスポルティーバ 9/21(水) 7:30配信

『美しくなるためのランニング講座』 第10回●旅ランで気分を変える

ランニング初心者の馬場ふみかさん(女優・モデル)がフルマラソン完走を目標にトレーニングを開始! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームの中島靖弘ヘッドコーチ。「楽しく、頑張りすぎない」ランニング講座の第10回。

■馬場ふみかのフォトギャラリーはこちら。前回の講座は『脚の痛みと解消法』

【プロフィール】
中島靖弘http://www.bellmare.or.jp/triathlon/profile/member.html
湘南ベルマーレ・トライアスロンチーム・ヘッドコーチ。ニューバランスランニングアドバイザー
馬場ふみかhttp://lineblog.me/babafumika/
女優・モデル。新潟県新潟市出身。167cm。

■旅ランの魅力
 夏から秋に入り、今年も残すところあと3カ月ちょっと。馬場さんもランニングを開始して5カ月、都内というあまり変化のない環境で練習をしているでしょうから、気分的にちょっとマンネリ気味になっているかもしれません。

 そこで私がオススメするのが『旅ラン』です。読んで字のごとく旅先でのランニング。私はトライアスロンチームのヘッドコーチとして国内外へ遠征する機会が多いのですが、旅先ではできるだけ走るようにしています。仕事上、私は常備しているのですが、旅ランはシャツとランニングパンツとシューズだけ持っていれば場所を問わずどこでもトライすることができるので、とてもお手軽です。

 旅先で走るメリットはトレーニングとしての要素だけでなく、普段とは違う環境で走ることでリラックスできるということ。車や電車だと通り過ぎてしまうような場所でも、ランニングであれば気が向いたときに足を止め、普段なら気付かないような景色をじっくりと見たり、スマートフォンで写真を撮ったり、日常とは違う角度から物事が感じられるなど、あらゆる発見があることです。気になったお店があったら立ち寄ってもいいでしょう。

 私の経験上、時間に余裕があるときに旅ランをしていると、思いもよらぬ距離を走っていたりすることがあります。追い込まず楽しむことが、きっといい練習になるはずです。

 トレイル(山道)や海岸といった自然豊かな環境、行く先々で出会う初めての景色や現地の方々とのふれあいは、きっと心を豊かにしてくれますし、走ることの楽しさを再認識させてくれることでしょう。自分の普段の練習環境に飽きてきたら、ぜひトライしてみてください。

 やり方は人それぞれ。ルールはありません。旅先のホテル周辺を走ってもOK。例えば日帰りで、出先の駅のロッカーに荷物や着替えを預けてからトレイルなどを走るのも楽しいですよ。最近増えているのは、温泉地や名物料理が食べられるレストランを目的地とし、そこまで走ってから温泉や食事を堪能し、電車やバスで帰るといったもので、これも面白いと思います。

1/2ページ

最終更新:9/21(水) 7:30

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ