ここから本文です

就寝前のワインでダイエット効果が期待できる!?

ハーパーズ バザー・オンライン 9/21(水) 11:30配信

少し体重を減らしたいと思ってる? 科学的にみると、就寝前にちょっとワインを飲むことが、その解決策になるかもしれない。
 
ワシントン州立大学が2015年7月に行った研究によると、ワインと体重減少は、レスベラトロルと呼ばれる物質のおかげで、密接に関連しているという。これは、赤ワインに含まれる化合物だが、“白い脂肪”を“ベージュの脂肪”(後者のほうが燃焼しやすい)に変える働きがあることがわかったのだ。 
 
では、ワインをいつ飲めばいいのかという問題だが、2012年に行った別の調査では、夜遅くにグラス1杯のワインを飲むことによって、間食の欲求が抑えられ、それが体重減少につながったという結果が出ている(しかし、ここで要注意。この研究はハチを使ったもので、人間ではなかった)。
 
この最新ニュースを聞いて、すぐ赤ワインのボトルをベッドサイド・テーブルに置いておかなくちゃという気になるかもしれないが、慌てるのはご無用。アルコールの摂りすぎは身体に悪影響を及ぼすことは明白だから、医者たちはワインを飲むよう勧めることには慎重だ。 
 
また、このレスベラトロルのご利益を得るには、もっと効果的(かつ、潜在的に健康的な)方法があることも覚えておこう。 
 
「有益なポリフェノールのほとんどは不溶性で、ワインの製造過程で、ろ過されてしまいます」と、同大学のミン・ドゥ教授。その代わりに教授は、他にレスペラトロルが摂取できる食品として、ブルーベリーやブドウ、イチゴなどのフルーツを間食することを勧めている。

最終更新:9/21(水) 11:30

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

なぜ今? 首相主導の働き方改革