ここから本文です

ドルト、リーグ無失点の相手に5発圧勝で公式戦3連勝。香川はベンチ入りも出場なし

フットボールチャンネル 9/21(水) 4:47配信

【ヴォルフスブルク 1-5 ドルトムント ブンデスリーガ第4節】

 現地時間20日にブンデスリーガ第4節が行われ、ドルトムントはヴォルフスブルクと対戦。ラファエル・ゲレイロなどのゴールによりドルトムントが5-1の勝利をおさめている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 日本代表MF香川真司は公式戦3試合連続でベンチスタートとなった。前節存在感を見せた22歳のゲレイロはこの日も先発出場を果たし、チームのエースであるピエール=エメリク・オーバメヤンも先発起用されている。

 試合開始して4分に早くも試合が動いた。ドルトムントのゲレイロが1本の縦パスに抜け出し相手GKの位置を確認して冷静にゴールを決める。さらに17分、スローインからパスを繋ぎオーバメヤンが追加点を決めた。

 追いかける展開となったヴォルフスブルクも反撃に出る。23分にはセットプレーからパスを繋ぎユリアン・ドラクスラーがボレーシュートを放つも、これはゴール右に外れた。さらに37分にはゴール真正面からのFKでリカルド・ロドリゲスが直接ゴールを狙うがGKロマン・ビュルキのファインセーブでゴールは決まらない。

 50分には、ヴォルフスブルクに守備を完全に崩されたがゴールラインぎりぎりで跳ね返した。それでも攻撃の手を緩めないヴォルフスブルクは53分、右サイドからのクロスをダニエル・ディダヴィがゴール前で合わせてゴールを決める。

 1点を返されたドルトムントだが、58分にはカウンターから19歳のウスマン・デンベレがゴール。続く62分にもオーバメヤンが追加点を決めて一気に点差を広げた。73分にもウカシュ・ピシュチェクがダメ押しのヘディングシュートを決めている。

 結局、ドルトムントはここまでリーグ無失点だったヴォルフスブルクを相手に5-1の勝利をおさめ公式戦3連勝とした。香川はベンチ入りしたものの出場はなかった。

【得点者】
4分 0-1 ゲレイロ(ドルトムント)
17分 0-2 オーバメヤン(ドルトムント)
53分 1-2 ディダヴィ(ヴォルフスブルク)
58分 1-3 デンベレ(ドルトムント)
62分 1-4 オーバメヤン(ドルトムント)
73分 1-5 ピシュチェク(ドルトムント)

フットボールチャンネル

最終更新:9/21(水) 7:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。