ここから本文です

歌姫リアーナの“モード・セクシー”に要注目

GQ JAPAN 9/21(水) 0:02配信

ステージ衣装も私服もセクシーなリアーナ。だが、よく観察すると単にセクシーなだけではないことが分かる。リアーナの魅力を完全分析。

【歌姫リアーナの“モード・セクシー”スタイル その他画像】

太ももとお尻を大胆に露出させ、ステージで観客を誘惑するような踊りを見せるリアーナ。耳目を集めるために肌を見せているだけのように見えるだろうか?そんなことはない。リアーナは、美と性を高い次元で統合させるスタイリング「モード・セクシー」の名手なのだ。
ワールドツアー「ANTI」を開催中のリアーナは、単色のボディスーツとロングブーツを合わせたステージ衣装でステージに立っている。一見するとシンプルなコーディネートだが、ここにリアーナ流のモード・セクシーを見つけることができる。
注目してほしいのはロングブーツだ。ブーツの体裁を採っているが、“衣服”全体ではつま先から上半身までを繋いでおり、ウエスト・ベルトが付属していることからパンツのようにも見える。カントリーのファッションでいう「シャップス」と似た形状だから、鼠蹊部(そけいぶ)から太もも、さらにはお尻までが大胆に露わになるデザインなのだ。
こうした独特のステージ衣裳は、スタイリストのメル・オッテンバーグが用意した。メルはクレイグ・グリーンやアダム・セルマン、ジュゼッペ・ザノッティといった若手のモード系デザイナーを起用し、彼らにリアーナのための特注品を依頼しているという。
さらにリアーナは私服でもモード・セクシーなオーラを放っている。彼女が得意とするのはラグジュアリー・ブランドとストリートを織り交ぜたコーディネート、いわゆる「ラグジュアリー・ストリート」だ。
たとえばサンローランのハート形のファーケープに、カジュアルなデニムショーツを組み合わせてみたり、バレンシアガのロゴを豪快にあしらったファーショールに地味なデニムシャツを合わせたり、という具合。ラグジュアリーとストリートという相反する要素を見事に統合させられる、希有なファッション・センスの持ち主といえよう。
音楽でもファッションでも第一線で活躍するリアーナは、ディオールのモデルを務めたり、プーマとファッションラインを展開したりと、ファッションアイコンとしてのイメージが確立されている。2017年にはリュック・ベッソン監督作品に女優として出演するというのだから、今後もますます変化しつづけるだろう。その模様を今後も追い続けていきたい。

Read more at http://gqjapan.jp/entertainment/news/20160916/fashion-gossip-02#i2gTZbsy88gD0Ch0.99

Words by Winsome Li (GQ)

最終更新:9/21(水) 0:02

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。