ここから本文です

陸上短距離の元世界王者タイソン・ゲイがボブスレー挑戦へ

THE ANSWER 9/21(水) 19:52配信

英メディアが伝える

 陸上男子短距離の元世界王者タイソン・ゲイ(アメリカ)がボブスレーに挑戦すると英公共放送BBC電子版が報じている。

【画像】リオ五輪に出場した日本人イケメンアスリート

 34歳のスプリンターは2007年に大阪で行われた世界選手権で100メートル、200メートル、400メートルリレーで3冠を達成。2012年のロンドン五輪では400メートルリレーで銀メダルを獲得したが、翌年のドーピング検査で陽性となり、メダル剥奪となった。2014年5月からは1年間の公式戦出場停止処分を受けていた。

 ゲイは同じくロンドン五輪の400メートルリレーに出場していたライアン・ベイリー(アメリカ)と共に、21日にカナダのカルガリーで開幕する「USAボブスレー・ナショナル・プッシュ・チャンピオンシップ」に参加することが決まったとレポートされている。同大会はアメリカ代表チームの選考会で、56選手が参加を予定しているという。

 2009年に100メートルで歴代2位の9秒69をマークしたゲイはボブスレーで輝きを放つことができるか。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:9/22(木) 0:14

THE ANSWER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。