ここから本文です

トム・ハーディ、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 前日譚に出演か?

VOGUE JAPAN 9月21日(水)22時0分配信

トム・ハーディが『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 前日譚出演に向けて交渉を進めているようだ。トムは昨年公開されたジョージ・ミラー監督作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に主役のマックスとして出演していた。

前日譚は、昨年公開作の中でシャーリーズ・セロンが演じていたフュリオサの過去を語るストーリーになるようだが、現在のところシャーリーズが出演するかは分かっていない。監督と脚本は引き続きミラーが担当するとみられている。

また、オーストラリアの『ヘラルドサン』紙によると前日譚は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州西端のアウトバックにある鉱業都市ブロークン・ヒル周辺で撮影が行われるといい、今年末頃からスタートするようだ。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 は2012年に撮影が行われていたものの2015年にようやく公開にこぎつけ、2015年度アカデミー賞に10の部門でノミネート、最終的には6つの賞を獲得していた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:9月21日(水)22時0分

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2016年11月号
2016年9月28日発売

700円(税込み)

ファッション革命「See Now, Buy Now(今見て、すぐ買う)」をヴォーグが解説!
大好評「VOGUE TRAVELER」は瀬戸内の旅。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]