ここから本文です

世界初、CRISPR-Cas9を使った「遺伝子改変キャベツ」パスタのお味は?

WIRED.jp 9/21(水) 10:11配信

スウェーデンはウメオ大学の植物学の専門家、ステファン・ヤンソンにとって、その夕食の質素なパスタは間違いなく小さな一歩だった。しかし、このスウェーデンの科学者は、これが人類にとっての大きな一歩ともなることを期している。
実際、料理を飾っていたキャベツにはある独自性があった。「CRISPR-Cas9」を用いて誕生したのだ。CRISPR-Cas9は、今後、医学・生物学の世界に革命を起こすことが期待される非常に精度の高い遺伝子工学の最新テクノロジーだ。そして、ヤンソンが同大学のプレスリリースに語ったところによると、それは世界で初めて食べられたCRISPR-Cas9の料理であるかもしれない。

【これが世界初の「CRISPR-Cas9キャベツパスタ」写真はこちら】

このキャベツの種そのものは、ヤンソンがつくったわけではない。彼が『サイエンス』誌に語ったところでは、それは匿名希望の外国人の同僚から届いた。実際、この遺伝子改変キャベツの栽培そのものが完全に合法かどうかは明らかではない。EUはまだCRISPR-Cas9で遺伝子改変された生物がGMO(遺伝子組み換え作物)とみなされるべきかどうかを決定できていない。したがって、現在はまだ、その栽培が許可されているかも定まっていないのだ。

ただし、スウェーデンではそうではない。いまのところ、スウェーデンの当局にとって明らかで、「生物が外来の、すなわち異なる種に由来するDNAを含まないならば、遺伝子組み換え作物ではない」のだ。

このため、多くの困難を抱えながらも、ヤンソンは関係当局から遺伝子改変キャベツを栽培する許可を得ることに成功した。そして、遺伝子組み換え作物とは見なされないがゆえに、彼は特別な認可を必要とすることなく、料理して味見することに決めた。

夕食には、グスタフ・クラリンもいた。彼はスウェーデンのラジオで園芸番組の編集をしているジャーナリストで、彼は先日、夕食を電波で(スウェーデン語で)放送した。そして、遺伝子改変キャベツは「普通とは違った」が、2人はその味を高く評価した。

「驚くべきことに、食事はとても美味しかった」と、ヤンソンは、8月16日にさかのぼる彼のブログの投稿で語っている。「わたしたちは2人とも大満足で食べた。グスタフにとって、そのキャベツは、わたしがいままで料理した全ての野菜のなかでいちばん美味しかったそうだ。そして、わたしも同意見だったと言わなければならない」

そしてどうやら、CRISPR-Cas9で改変された野菜を食べたのは彼らが世界初のようだ。

今年4月には、ペンシルヴァニア州立大学のアメリカ人研究者が、CRISPR-Cas9で遺伝子改変されたキノコを栽培する許可を当局から受け取っている。そしてその後、サンプルをいくつか味見したことを明らかにした。しかし、このときその科学者が料理したのがサンプルなのか、それとも対照群として用いられた自然のキノコだったのかははっきりしていない。

したがって、ヤンソンが世界最初なのは確実だろう。

SIMONE VALESINI

最終更新:9/21(水) 10:39

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。