ここから本文です

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット、離婚へ

GQ JAPAN 9/21(水) 0:22配信

仲むつまじい夫婦とされていたブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが離婚することがわかった。複数の米メディアが報じている。

【幸せそうだったのに……アンジー&ブラピ夫妻の画像ギャラリーはこちらから】

アンジェリーナ・ジョリーが9月19日(米国時間)、ブラッド・ピットとの離婚を申請した。米国の複数の報道機関によると、子どもを巡る意見の対立が原因だという。ゴシップサイトの「TMZ」が最初に報じ、現在は雑誌メディアからケーブルテレビまでこの話題一色に染まりつつある。

2人は2004年に交際をスタートし、2014年に結婚。養子3人に加えて3人の実子にも恵まれ、家族8人で仲むつまじく過ごす様子がたびたびキャッチされていた。

しかし、不仲を報じるニュースも後を絶たなかった。Hollywood Lifeは5月、マリオン・コティヤールとの浮気に堪忍袋の緒が切れたジョリーが、ピットと大げんかをしたと伝えていた。また、病的なまでに小食で、連日ワインを浴びるほど飲み、絶えず煙草を吸うジョリーの健康を気遣うことにピットが疲れてしまったのではないか、と話す関係者もいるという。

ジョリーが雇った弁護士は、ジョニー・デップの離婚も手がけた辣腕、ローラ・ワッサー。ジョリーは6人の子どもたちの単独親権を持つことを希望しており、配偶者扶養手当は請求しない構えだ。

岩崎昌子

最終更新:9/21(水) 0:41

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。