ここから本文です

ケヴィン・スペイシーがネコに!? B・ソネンフェルド最新作『メン・イン・キャット』公開日決定

リアルサウンド 9/21(水) 7:00配信

 『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督の最新作、「NINE LIVES」の邦題が『メン・イン・キャット』に決定。あわせて11月25日に公開されることが発表された。

 本作は、仕事一筋のゴーマン社長が、ある日突然ネコになってしまうというコメディ作品。大企業の社長・トムは娘の誕生日プレゼントとして苦手なネコを飼うことなった。しかし、ひょんなことからネコになってしまったトムが、家族と繰り広げるドタバタ模様を描く。

 主役のトムをアカデミー賞を2度受賞しているケヴィン・スペイシー、トムの愛する妻を『ダラス・バイヤーズクラブ』のジェニファー・ガーナー、怪しげなペットショップの経営者を『ディア・ハンター』のクリストファー・ウォーケンが務める。

 このたび公開されたポスタービジュアルは、トムの写真を持ってふてぶてしい顔を浮かべるネコと、『メン・イン・ブラック』を意識したネコ耳付きのロゴが印象的なデザインとなっている。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/21(水) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。