ここから本文です

大島、浅野に続くリオ世代。FC東京・中島翔哉をA代表に呼んでくれ

webスポルティーバ 9月21日(水)11時51分配信

 初戦でいきなりUAEに敗れ、不安を感じさせるW杯アジア最終予選のスタートとなった日本代表。さまざまな問題を抱えているがゆえの結果だろうが、そのひとつが世代交代の遅れであることは否めない。

【写真】リオ五輪メンバーの矢島慎也(ファジアーノ岡山)

 いまだチームの中心を成す「北京世代」は、概ね30歳前後。今後の成長どころか、衰えを心配しなければならない年齢に入ってきている。いつまでも彼らに頼る状況はあまりに危険であり、長期的視野に立てば、やはり新陳代謝は欠かせない。

 そんな日本代表にあって、光明となっているのが、先のリオデジャネイロ五輪に出場した「リオ世代」の台頭である。

 突出した人材がおらず、地味な印象のあったリオ世代だが、リオ五輪の経験を経て、ひと回り大きくなった印象のある選手たちが、徐々に日本代表(A代表)に名を連ねるようになってきた。

 最終予選のUAE戦では、MF大島僚太がA代表デビューを果たし、高いレベルでも際立つ非凡なパスセンスを披露。また、同タイ戦では、FW浅野拓磨が貴重な追加点となるゴールを決めた。

 五輪代表とは、オーバーエイジ枠の選手を除けば、23歳以下の選手が対象のチーム。つまり、年代別日本代表の最終段階に位置づけられるわけだが、すでに20~23歳という年齢である以上、育成年代というより、即戦力となりうるA代表予備軍としての役割が求められる。

 それを考えると、すでに昨年からA代表でプレーしているMF遠藤航に加え、大島、浅野が台頭してきたことは歓迎すべきこと。これにとどまらず、もっともっとリオ世代が台頭し、停滞感の強いA代表をいい意味でひっかき回してほしいところだ。

 では、彼らに続く、リオ世代のA代表候補は誰か。

 現在のJリーグで、それを期待させる活躍を見せているのが、MF中島翔哉である。

 FC東京に所属する中島は、今季前半こそ、ケガもあってほとんど試合に出場することができなかった。だが、7月に入り、少しずつ出場機会を得られるようになると、リオ五輪を経た現在、ついに本領を発揮。J1セカンドステージ第10節から第11節までの間、ルヴァンカップ2試合も合わせ、公式戦4試合で3ゴールを挙げている。

 直近のJ1セカンドステージ第12節、浦和レッズ戦でも得点こそなかったものの、タイミングのいい飛び出しからDFラインの背後に抜け出し、相手のファールを誘ってPKを得ている。中島の貪欲なまでにゴールにこだわりを見せる姿勢は頼もしく、現在、FC東京の貴重な得点源となっていることは間違いない。

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)16時16分

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月22日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 異次元のシーズン』
■羽生結弦 インタビュー、厳選フォト
■浅田真央 復帰シーズンを振り返る

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。