ここから本文です

少女の海の大冒険──ディズニー新作『モアナと伝説の海』最新予告編

WIRED.jp 9/21(水) 11:10配信

ディズニーは7月のコミコン・インターナショナルで、新作『モアナと伝説の海』の映像を発表する準備ができていた。しかしその時は、単にティザーがウェブを飾っただけだった。
いま、11月23日の映画リリース(日本では2017年3月10日公開予定)を前に、たくさんの新しい映像が入った予告編が出ている。

【予告編動画はこちら】ディズニー新作『モアナと伝説の海』

われわれがすでに知っている映画のストーリーは、島長の娘モアナが神マウイ(ドゥェイン・ジョンソン)を見つけて、伝説の石を秘密の場所に運ぶために旅に出るというものだ。

だが、これまでのマーケティングキャンペーンであまり大きく取り上げられていなかったのは、モアナがある特別な力をもっているということだ。彼女は海を「自分の友」と呼び、海は確かに、背景というよりは登場人物のように描かれている。コミコンでの映像は彼女が幼い時の海との関係を見せていたが、今回、新しい予告編の映像では彼女とマウイの関係性が描かれている。

ディズニーはすでに、2016年を『ファインディング・ドリー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ズートピア』で盛り上げているが、『モアナと伝説の海』と『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で興行収入のよかったこの1年を締めくくるつもりのようだ。

K.M. MCFARLAND

最終更新:9/21(水) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。