ここから本文です

ロシア軍、ママのいない赤ちゃんシロクマを最強装備で動物園へ護送

GQ JAPAN 9/21(水) 15:56配信

ロシアの気象観測隊が、北極海上の基地で10頭ほどのホッキョクグマに包囲され身動きが取れなくなっている──そんなニュースが流れたのは先週9月14日のことだ。ロシアでは法律でホッキョクグマの駆除が禁じられているということを、この報道で初めて知った人も多いのではないだろうか。

【モスクワ動物園のシロクマ中継カメラ&保護された子グマの写真はこちら!】

その後、ヘリコプターで駆けつけた別働隊が照明弾などを用いてホッキョクグマを追い払い、犠牲者が出ることはなかった。

それからわずか数日。ホッキョクグマに関する話題がまたロシアから届いた。8月にロシア東部の村で保護された生後7カ月のメスの子グマが、ロシア国防省によってモスクワ動物園に移送されたという。“ニカ”と名付けられた子グマは飼育員にも懐き、動物園の環境にも順調に適応しつつあると『USA TODAY』は報じている。

発見した村民によると、密猟者に母親を殺されたニカは非常に衰弱していたという。受け入れを決めたモスクワ動物園は、約7000キロにもおよぶ移送の援助を国防省に求めた。軍は村から飛行場までのヘリコプターと、モスクワまでの飛行機を提供したという。

モスクワ動物園にはライブカメラも設置されている。ニカがカメラの前に姿を現すのを楽しみに待ちたい。

岩崎昌子

最終更新:9/21(水) 15:56

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。