ここから本文です

頭頂部のコリでおでこがたるむ!? 効果的な2つのマッサージとは?

OurAge 9月21日(水)21時0分配信

頭皮は、顔の筋肉を引っ張るバネの役割を担っている。気づかないうちにこったり、むくんだりすると顔のたるみとなって現れることも……。早速、ヘッドセラピスト山本幸恵さん提唱の「深頭筋マッサージ」で、頭のコリを解消してリフトアップを目指して。おでこのたるみを改善する頭頂部のマッサージの方法を教えてもらった。


◆親指の関節で効果的にコリ解消
まずは両手を開いて親指を内側に曲げ、4を示す手の形を作る。左右の手の指を第2関節あたりで軽く組み、親指の第2関節で刺激していく方法だ。

「指を組んだまま両手を頭頂部に置きます。ぐっと押し当てるのでなく、肩の力は抜いて、手の重さを利用するように頭にのせます。

次に、親指の第2関節を頭皮に押し当てて、1、2とゆっくり数えながら中央に寄せます。この動きを10回。少しずつ場所を動かしながら同様に行いましょう」

頭頂部のコリやむくみが解消し、顔の引き上げ力がアップするという。

◆ツボを刺激して血流アップ
万能のツボ百会を中心に頭頂部にかけて指圧し、コリやむくみを解消する方法も教えてもらった。

「片手で握りこぶしを作り、第2関節を百会(ひゃくえ)のツボ(左右の耳の穴を結んだ線と眉間の中心から頭頂部に向けた線が交わる部分)のあたりに当てます。

今度は、反対側の手のひらを握りこぶしに当て、下に向かって、1、2と数えながらグーッと押します。2秒×3回。次に、こぶしを頭頂部へとずらして同様に行いましょう」

頭の疲れが取れ、ストレス解消効果もあるそうだ。

最終更新:9月21日(水)21時0分

OurAge