ここから本文です

「空き家」問題が深刻化…改修費3分の2補助する自治体も

女性自身 9月21日(水)6時0分配信

「全国の空き家は約820万戸あり、空き家率は13.5%にのぼります(’13年・総務省)。’33年には2,000万戸を超え、空き家率は30.2%になる予測もあり、切迫した問題です(’15年・野村総合研究所)。こうした状況受け、空き家対策を強化する自治体が増えています」

 こう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。深刻な空き家問題。そんな中、地方の自治体では、状態のよい空き家を有効活用するために、空き家情報を公開する「空き家バンク」を運営するなど、さまざまな空き家対策に動いている。荻原さんが解説してくれた。

「愛媛県北宇和郡鬼北町では、空き家バンクの登録物件を買った方に、住宅の改修費用の3分の2を補助金として支給します。ただし、県外からの移住者で50歳未満の方がいる世帯限定で、補助金上限は200万円。中学以下の子どもや孫がいれば、補助金上限は400万円に跳ね上がります」

 地方の自治体は空き家問題だけでなく、人口減少、少子化なども食い止めたいのだと荻原さんは言う。

「三重県鳥羽市は市外からの転入者で41歳以上60歳以下の方がいる世帯なら、改修費用を上限100万円まで支給します。こちらも、世帯に40歳以下の方がいれば、補助金上限は200万円に拡大。若者世帯を優遇しています」

 空き家を買う人だけでなく、借りる人への補助金を手厚くする自治体もある。

「三重県四日市市では、18歳未満の子育て世帯が空き家を借りる場合、最大月3万円を、最長3年間支給します。子育て世帯を優遇する自治体が多いなか、神奈川県横須賀市は下宿したい学生を支援します。大学生などが2人以上で空き家にシェア居住する場合、敷金・礼金などの初期費用を最大15万円補助します」

 また、空き家の所有者にメリットのある施策も。

「山形県飽海郡遊佐町の『借上げ空き家リフォーム制度』は、町が空き家を10年間借り上げ、町の予算、上限350万円でリフォームし、移住者に貸し出します。空き家の所有者には、資金負担がありません」

最終更新:9月21日(水)6時0分

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2742号・9月6日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

「小林麻央がブログを綴る意味」
田口淳之介 初めて語った再出発の展望
田口淳之介 小嶺麗奈との結婚を示唆

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]